Shyrock作










 皆さんは『山禍(さんか)』という本を耳にされたことがあるだろうか。
 既に廃版になっているかも知れないが、数年前街のはずれにある寂れた古本屋で偶然見つけることができた。
 昭和初期に信濃地方に実在した、いわゆる山賊を題材に取り上げた本なのだが、それによると彼らは旅人を襲うだけでなく、里に下りては強盗を働くことも多かったそうだ。
 彼らのやり口は実に陰惨で、「口封じ」のために、必ず押し入った家の家長の目前で、その嫁か娘をたっぷりと時間をかけて嬲り抜いてから、山中に姿を消していたという。
 強精食の山芋などを常食とする彼らの精力は飛びぬけて強く、犯された女性は例外なく妊娠させられていたと言う。
 押し入った家に若い嫁がいた場合はとくに悲惨で、中には三日三晩の間、その嫁と交わりつづけた剛の者の記録も、その本には記されている。

「食事も、交わったまま口移しで与えられました。嫌でも、縛られていてはどうしようもなかった…… 喰べました。そうしなければ、身体が保たないから…… 寝る時にさえ、男はわたしの中にいるんです。すぐそばで主人が見ているのも分かっていたけれど…… しまいにはもう、わけがわからなくなって……」

 この若妻の生々しい証言が、山禍の男たちのすさまじいまでの性交を物語っている。

 なお、某地方の昔話に【山禍】という妖怪が登場するが、本件とは全く無関係です。







山禍イメージ画像01 山禍イメージ画像02 山禍イメージ画像03 山禍イメージ画像04 山禍イメージ画像05
山禍イメージ画像06 山禍イメージ画像07 山禍イメージ画像08 山禍イメージ画像09 山禍イメージ画像10

































エッセイ集

トップページ



inserted by FC2 system