愛され女を目指して
~SEXでセルフプロデュースしてみる~








以前チャットに集まった男性たちに、
「過去、女性とセックス中、ドキッとする仕草はあったか?」
という問いに対し、ユニークな意見が飛び出したことがあった。
(そのときチャットには、男性ばかりを集めたので、彼らは女性を意識する事なくすらすらと答えてくれた。男女混ぜると自分を装う人が多い傾向があるため、わざと男女別々に開催する方法をとり、ホンネを引き出すことに成功した。)

「途中で手を握られると、愛されている感じがして燃える」
「手を握る」は、他の男性も同感と返答。
手を握るぐらいの仕草ならいつでも実行できるので、覚えておくといい。

「やっぱり声。聴覚もセックスを盛り上げる」
声に関してはそれぞれ大小あるものの、やはり「ここぞ!」というときには声で盛り上げていこう。
ほか「あえぎ声」「気持ち良さそうな声」という回答もあった。

「眉間にシワ」
外国人が日本のAVビデオを見たとき、「なんで女性が苦しそうなんだ」と不思議に思ったのだとか。
ほどほどに眉間のシワを作ることが出来るよう、鏡で練習するのもいいかも。

「普段見せない表情を見たとき」
眉間のシワと同じく表情系。
自分で分からないだけにどうしていいのか分からないが、極めるためにはビデオ撮影をしてみるべきか(笑)
他、「紅潮」「口が少し開いている状態」「上目使い」など表情ネタは結構多かった。
男性は女性の表情を案外見ているようだ。

「普通の会話が一瞬、入るとき」
ここにグッとくる男性がいるのが意外だったが、たまに使う手として実行してみるか?
ただし逆に冷める男性もあると思うので使い方には要注意。

「もっとして欲しい、と遠慮がちに言われるとき。なんか可愛くってキュンとくる」 これはキュート。
キーワードとしては“遠慮がち”。
このような“エロ奥ゆかしさ”をとときどき使ってみよう。


さて、男性にとってセックスで重要視するのは、表情、声などの視覚的・聴覚的なことということが分かる。
自分では分からない表情や声だけに、何を手本にすればいいのか困ってしまうが、結局は、自分をプロデュースすることが大切。
すべて本能のまま突っ走る前に、「こんなセックスを目指す」という目標を決め、上記の男性目線を意識しつつ、セルフプロデュース・セックスを心がけよう。

















エッチな告白体験談ブログ













夜学問

トップページ







inserted by FC2 system