女性のエッチな身体を目で楽しむビジュアル体位





ローアングルで楽しむ女の子のボリューム

 男というものは、女性の身体をいつもエッチに感じて、そういう目で見ているところがある。セックスの時は特にその事に没頭していて、色々な場面で女性の身体をビジュアル的に楽しみ、興奮している。密着しない身体を離した体位は、そんな男の目の欲望を満足させることになる。

 屈曲位や座位、バックなど、ことあるごとに、女性のプロポーションやボリューム感、乳首や女性器の粘膜の風情を楽しんでいる。時には顔の表情。快感のあまり歪む顔、半開きの唇、大きく開けられた口など、ディテールも見逃さない。

『泣き顔がたまらない』とか言って惚れ直したという話も時々聞く。特に騎乗位。男は動くことが少ないので、ウォッチングを楽しむことができる。他の体位と違って下から、つまりローアングルで眺められるから、身体のボリューム感が格段違ってくる。オッパイの膨らみもいつもと違ったりして、下から見上げて顔がきれいだと、本当に美人だと言うが、それも密かに確かめられる。そうしながらもポコチンはギンギンなのだ。

 また対面座位も結構女性を観察できる。ただししっかりと抱き合う密着系の対面座位ではなく、お互いに後に少し反り返り、両手を後で着いた形。割れ目にペニスがグニュッと食込んでいる様が実に嫌らしく、圧巻といえよう。さらに彼女に「ほら、見てご覧、○○ちゃんの可愛いオマンコにオチンチンが挿し込まれているよ~」とか言って、観察を勧めよう。彼女は照れに照れながらも、まず覗き込むはずだ。自分の大事な秘所に男根がしっかりと挿入されている光景は、女性だって興味があるしきっと見たいはずだから。そしてエッチな言葉を浴びせながら、グイグイと挿し込もう。ほら、彼女はもうグチョグチョになって来ただろう?






本茶臼(騎乗位)
抱き地蔵(対面座位)
宝船
御所車(ごしょぐるま)
こたつがかり(裏座位)













ヴィジュアル体位で迫る麗華二輪
sayu
mugu













夜学問

トップページ







inserted by FC2 system