羞恥を煽る体位/石清水




当HP小説に時々登場する『石清水(いわしみず)』のいう体位。 女性にクンニをする男性は非常に多い、いや、ほとんどだろう。 しかし、この『石清水』という体位を好んで実践する男性は意外と少ないのではないだろうか。

男性の顔の真上に女性が跨り、恥かしい場所を男性にキスしてもらう形。
それが、極限羞恥体位『石清水』。
(体位と言うのは必ずしも挿入する形だけではない)
この体位は女性にとってかなり恥ずかしいようで、最初はモジモジしてなかなか応じてくれないケースが多い。
特に性経験の浅い女性の場合はなおさらだ。
少々経験豊富な女性でもかなり抵抗があるようだ。

女性が男性の上に乗る・・・という点では騎乗位と何ら変わらないのだが座る場所が全く違う。
騎乗位であれば、女性は男性の直立した竿を軸にできるわけだから、少々乱れようが転倒する心配もないわけだ。(笑)
ところが石清水の場合は、軸になってくれる竿など無く、男性の顔(厳密に言うと唇から喉元)の上に座る訳で、非常に不安定な状態になる。

男性が女性の腰をしっかりと抱えておいてあげれば問題は無いのだが、男性も気持ちが昂ぶってくると無我夢中になることも考えられる。
女性があまりにも恥かしがり過ぎると、腰が引けてしまうため上手くいかないことがある。
恥ずかしがりやな女性であっても、より素晴らしい快感を得るために、ここはひとつ「清水の舞台から飛び降りた」つもりで、男性に重心を預けてしまってはどうだろうか。
その方が男性もかなりきつい体勢ではあるが、きっと意気に感じてチュパチュパとがんばってくれるはずだ。






また、『石清水』の体位に自信のない間は、女性が身体を支えられる体勢をとるのもひとつの方法だ。
例えば、椅子とか机などのような手摺り替わりになるものを利用するのも良い。

さて、いよいよ『石清水』時の男性のクンニ方法、これが問題だ。 一気に舌を溝に挿し込まずに、最初は大陰唇・小陰唇を優しく舐めてあげよう。
焦らすのはかなり有効だよ。
次第に舌を中央に寄せ、割れ目に沿って下から上に舐め上げる。
舌を少し伸ばしてクリトリスを舐めるのも効果的だ。
クリの舐め方としては3つ考えられる。

①下から上へ削るように舐める。
②円を描くように舐める。
③横舐めをする。

もちろんそれぞれ効果はあるんだけど、最初は①から始め、②あるいは、③に移行するのが効果的だと僕は思う。
もちろん女性の感度によって舐める強弱は加減しよう。
クリと言うのはそこそこ性を経験した女性ならば、かなり敏感な場所なので強く舐める必要は先ず無いんだけど、稀に強く舐めてほしいとせがむ女の子もいる。これは個々に違うのでその女性の特徴を把握することが重要である。

以上のことを『石清水』の体勢で数分続ければ、女性はもうカリメロ、じゃなかった、メロメロになっているはず。
あまりに感じ過ぎて、腰を浮かしてしまう女性もいるが、男性は逃がさないように心掛けよう。
悶えて逃げ腰になる女性に対しては、男性は太股をしっかりと押さつけて逃がさないこと。

彼女の壷から蜜が溢れ出した頃を見計らって、次の攻撃を仕掛けよう。
舌を「Uの字型」にして、ホールを挿し込み穿ってあげよう。
時々、唇をつけて蜜を啜るのもかなり効く。
わざと「チュウチュウ」お音を立てるようにすれば、女性の羞恥心は一層煽れる。
もしかしたら、女性はこの段階でイッてしまうかも知れない。
イキそうであれば、ぜひイッてもらおう。
ここでイッても、この後のセックスで再びイッてもらえばいいのだから。
美味しいものは2度でも3度でも食べさせてあげましょう。







さあ、もう女性の受入れ態勢は万全だ。
たぶん、「早く・・・入れて・・・」ってせがんできているはず。
ここで、どう攻めるかは君(男性)の判断。
女性がそのまま少し後に下がって騎乗位になるのも良いし、男性がむっくり起き上がって座位で攻めるのも良い。
彼女の趣向も充分に考慮に入れておこうね。

いかがでしたか?
セックスと言うものはちょっとした工夫で、楽しさや気持ちよさは2倍にも3倍にも膨れ上がるものなのです。
そしてそれが愛情を深める大きな力になるのです。


(終)























夜学問

トップページ




inserted by FC2 system