本日はShy流オリジナル騎乗位【スクリュー・エレベーター】をご紹介します。
 おっと、その前に、先ず【エレベーター】という体位をご紹介しなければ。
と言っても上の2つは僕が勝手に命名したわけで、どこの本屋さんで探してもネットで探しても載ってませんよ。載ってたらこのページからの転載です(笑)

 かなり前になりますが、当時N子という彼女とエッチしている最中に偶然発見した技(体位)なんです。
 N子が騎乗位でアヘアヘいっていた時、僕は少しふざけて何気にブリッジをしてみたんです。
 するとN子、相当気持ちが良かったようで「Shy!それ、すごくいい~!もっと~!もっとやって~!」てな具合になってしまったわけです。
 僕はN子の異常なほど喘いだため俄然やる気になってしまって、ブリッジをした状態で彼女を担ぎ上げグイグイとリフトアップしさらに回転を加えました。
 その結果、彼女はいとも簡単にアクメに達してしまったんです。
 でも調子に乗りすぎたせいで、僕の腹筋はパンパンに張ってしまい1日中おなかが痛かったのを憶えています(苦笑)

 騎乗位という体位は一般的に男性にとって受身の体位のように思われ勝ちです。
 男性は「身体は疲れているけど気分的にはもっとしたいなあ」という時に最適の体位だという人もいます。
 でも騎乗位って本当に男性にとって受身の体位なのでしょうか?
 僕は違うと思うんです。

 もう一度【エレベーター】の手順をおさらいしましょう。
 騎乗位になった男性は、しっかりと彼女に挿入した後、すこしづつブリッジして腹を上昇させます。
(最初は低く、次第に高く…)
 次に、男性はブリッジをしたまま、グイグイとおなかを下からせり上げて行きます。
 ある程度持ち上げたら、ゆらゆらと小舟のように彼女を揺らします。
 その時彼女の身体が浮き少し不安定な状態となります。
 ここで注意!
 彼女を絶対に不安がらせてはいけません。
 不安になると、快感が下降し膣が乾く惧れがあります。
 彼女に不安を与えないように両手で彼女の腰をしっかりと支えてあげて、バランスを保ちながら下からグイグイと突き込むのがコツです。

 その時彼女は男性の動きに合わせて自ら腰を使ってもいいし、目を閉じて突き上げの快感に酔いしれるのもよいでしょう。
 もしも男性に余裕があれば、クリトリスを軽く揉んであげると彼女の快感はさらに増します。
 下から捻じ込むだけでもかなり効く上に、クリトリスをいじられれば激しく昂ぶるのは必定です。
 もしかしたらその時点でイッてしまうかも知れません。
 彼女が達しそうであれば、そのままイカせてあげてください。

 彼女が歓喜にむせび泣く表情を下から眺める……これって男にとっては最高のご馳走です。
 ただし男性も揺れているので、しっかりと彼女の表情を捉えることはできませんが、ちらりと垣間見るだけでも価値はあります。



 さて、次は【スクリュー・エレベーター】
 上で述べた【エレベーター】を改良しただけのことなんですが、たいそうな名前を付けて申し訳ありません。

 手順は次のとおりです。
 ブリッジで彼女を高くリフトアップしたまま動きを数秒停止する。
 停止後、腰をローリングさせ彼女を揺さぶる。
 ここまでは【エレベーター】と同じです。

 でもこの後が違います。
 リフトアップして数回揺すった後、急降下させてください。
 一見乱暴なようですが、この技、めちゃくちゃ効果的なんですよ~♪
 この技でN子はあまりの気持ちよさに泣き出しました……
 女性って桃源郷を極めると涙を流すこともあるようですね。

 さて、この後が大事です。
 持ち上げる時はただリフトアップするじゃなくて「スクリュー」を加えるのがミソなんです。
 つまりドライバーを捻じ込む要領で、グルグルを男根を回転させながらリフトアップしていくのです。
 そして一番上に達すれば、一気に急降下!!
 これを何度も何度も繰り返します。
 イキにくい彼女であってもこれだけ激しく攻められると、絶頂に到達する可能性は非常に高いと言えるでしょう。
 ただし……
 男にとっては、かな~りキツイ荒技なので覚悟はしておきましょうね(^^;

 ひとつだけご注意を。
 この体位を実践する場合、男性はある程度身体を鍛えておかなければ、腰を傷める惧れがあります。
 男性全てにお勧めできる体位ではありませんが、参考にしていただければ幸いです。

 これを読んでくださった女性の皆さんも、一度彼氏にねだってみてはいかがでしょうか?
 え?「その前にジムに通ってもらわねば」って?
 ふむふむ、それは健康にもよいので「健康」と「快感」の一石二鳥になりそうですね^^









関連記事: 夜学問2【騎乗位】

















夜学問

トップページ





inserted by FC2 system