『尻叩き男は嫌われる』という事実





友人たまて愛ちゃんのお尻




女性に性に関する不満を聞くと、よく耳にするのがパートナーが行うNGな行為だ。
女性だって時には激しいセックスを求めることもあるが、基本的には雰囲気やムードを重視する傾向が強い。
それなのにパートナーが的外れなことをしてくると、気持ちも冷めるしムードが台無しになってしまう。
そこで、女性から聞いたセックスの不満についてまとめてみた。



1. AV男優の真似をする

性の知識をAVから得る男性は、AV男優の真似をする人がかなり多いようだ。
その一つが『お尻たたき』
お尻なんて叩かれてもちっとも気持ちよくないのに、なぜか叩きたがる男性がいる。
もしかしたら女性のお尻を叩くことで、支配力を得たような気持ちになるのだろうか。
筆者も同じ男だが、叩きたい男性の心理がまったく理解ができない。
だっていとしい人を叩くって変じゃない?

また、潮を吹かせたがるのもAVの影響である。
潮を吹かせることで自分のテクニックに自信を持ったり、女性を満足させている……という優越感に浸れるのかもしれないが、女性にとって潮を吹くことと気持ちよさは全くの別もの。
膣内を激しく擦られることであそこが痛くなってしまったり、膀胱炎になってしまうこともあるのだ。

そして、エッチな言葉責めもよくある勘違い行動の一つ。
Mっけのある女性なら喜ぶのかもしれないが、エッチな言葉を言われることで気持ちが萎えてしまう女性も多いので注意が必要だ。

そもそも、AVで行われている行為というのは、男性ユーザーを興奮させるために分かりやすく演出をしているだけである。そんな事情から、それを鵜呑みにして同じことをするのは考え物である。



2. 自分本位なセックス

女性がどうして欲しいのか確認せず、ただただ自分の欲求だけを解消しようとするセックス。
前戯を行わず、濡れていないのに挿入しようとしたり、コンドームをつけてくれなかったり、つらい体位をとらされたり……。
こんなセックスを続けていると、そのうち女性に拒まれてセックスレスになってしまうかもしれない。



3. セックスのマンネリ化

同じ相手とセックスしているとマンネリ化してしまうのは仕方の無いことだが、変化や工夫をもたらしてくれない男性にはやはり不満が出てしまうようだ。
違う体位を試してみたり、道具を使ってみたり、場所を変えるなどして新鮮さを与えるのも必要だ。
そういう提案は女性からはなかなか言い出しにくいことなので、男性が積極的になるとスムーズに受け入れてもらえると思う。



4. まとめ

セックスは男女のコミュニケーションなので、相手がどうして欲しいのか、何が嫌なのかをしっかりと確認することが大切である。

「本当は痛いけど言い出せない」「もっとこうして欲しいけど恥ずかしくて言えない」という女性が多いので、女性のそうした本音を聞き出せるように、セックス中あるいはセックス後も沢山会話をするとよい。

会話をすることでお互いの意志疎通が円滑になって、セックスもより充実していくだろう。



5. スパンキング愛好者は例外
またスパンキングの場合、女性は相手の男性の特殊嗜好を理解したうえで受け容れていると考えられるので、本題からは除外する。

※スパンキングとは、体罰や性的嗜好により、平手や平らな物やお尻を叩く行為をいう。欧米で盛ん。
この行為は一般にBDSMの一分野と見なされるが、当のスパンキング愛好者は自分がサディストであることに気づいていない場合が多いと言われている。






AV女優葵つかささんのお尻

























夜学問

トップページ




inserted by FC2 system