身長差がポイント 対面立位



舞ワイフより





1 体位『立位系』とは

『立位』とは、文字どおり、男女とも立ったまま、もしくはどちらかが立った姿勢での体位をいう。
女性の背後から挿入する立位を『背面立位』と言い、いわゆる立ちバックと呼ばれる体位で、目立つこともありAVではこっちの方が多い。こちらは『立ちバック』のページに詳細あり。
一方、女性と向き合った状態で挿入する立位を『対面立位』という。
立位系はほかの体位と比べて可動範囲が広がるため、アグレッシブな体位が多いのが特徴である。
「ベッドがあるのに立位は必要か?」という人もいるかもしれないが、逆にいうなら「セックスはベッドで行うものとは限らない」という発想もありかな、と思う。セックスのマンネリ化を防ぐこともパートナーとの長続きの秘訣ではないだろうか。


2 立位の種類


① 対面立位

男女が対面し、立ったまま結合する体位。特に難度が高い体位ではないが、身長差があるときには工夫が必要となってくる。男性が長身で女性が小柄な場合は、立った姿勢では挿入そのものが難しいので、男性が腰を低くして、ヴァギナの下からペニスを上方に向かって挿入する。女性は足を開いている方が、挿入しやすいので、彼が挿入するまでは開き、挿入したら閉じると良い。これは結合が浅くならないための対処でもある。
反対に男性が女性よりもかなり背が低い場合は、正直いって『対面立位』は少し厳しいので、ほかの体位を検討した方がよいかもしれない。

<ポイント1> 男の身長が高く、女性との身長差があるときは、男が足を広げて腰の位置を下げる。
<ポイント2> 挿入時は女性が股を開き、挿入したら股を閉じて身長差を多少なりとも埋めるとよい。

    



② 対面片足上げ立位(四十八手名:鯉の滝のぼり)

立位の中では最もポピュラーと思われる。対面立位のバリエーションで、女性が片足を上げ、その足を男が手で抱える。
対面立位よりも対面片足挙げ立位の方が、ペニスの挿入がしやすい。女性が片足を上げるためには、股を開く必要があり、上げた方の足に男が足を絡めることで、股間を密着することができる。
女性が右足を上げ、男が左足を彼女の右足の下に潜りこませている。こうすることでペニスを挿入しやすくなる。
男女の身長差があるときには、男が腰の位置を下げる必要があるので、男は股を広げるか、膝を曲げて中腰になり、高さを調整する。

<ポイント1> キスもできるのがこの体位の長所だ。

    




③ 腰吊位(こしつりい)

大胆で、アクロバティックな腰吊位。男性には腕力とバランス感覚、そして女性に柔軟性がないと無理。
女性の体重をしっかりと支えるには、男性に相当な筋力が必要となる。
女性は逆立ち状態になるためかなり負担がかかる。試すのは構わないが、無理して怪我をしないように。


<ポイント1> 女性はかなり苦しいが、この体位ができたときの達成感は大きい。
<ポイント2> 視覚的に美しい体位なので、鏡を見ながらというのは乙かも。

    



④ テーブル屈曲立位

女性がテーブルの上に寝て、下半身を屈曲させ、男性が立位で結合する体位。屈曲位のテーブルバージョンだ。
女性のお尻が、テーブルの端から少し出るくらいところに寝ると、ペニスの挿入がしやすくなる。
難しくはないが、テーブルには毛布などのクッションを敷いて、女性の背中が痛くならないように配慮すること。


<ポイント1> 女性は寝ているので楽な姿勢で、男は立位で動きやすい。
<ポイント2> 激しい攻めが可能となる体位のため、女性の快感度は高い。

    



⑤ Y字片足上げ対面立位

女性がY字型に片足を上げ、男性と対面でつながる体位。女性の柔軟性によって、上げられる足の高さや角度が変わってくる。股関節の硬い女性には不向きだろう。

<ポイント1> 片足を上げることで、挿入がしやすくなる。
<ポイント2> 日頃から「仰向けY字ストレッチ」や「開脚ストレッチ」を行なっておくことが大事。

    



⑥ 対面両足上げ立位

女性が両足を宙に浮かせて、男の体にしがみつく体位。対面片足挙げ立位の発展型であると同時に、『駅弁』のバリエーションでもある。駅弁との違いは、女性の足を男の腕に絡ませない点。
この体勢を維持するためには、男が女性のお尻に両手を当てて持ち上げると同時に、女性は両足を彼の下半身に絡めて、しっかりとホールドする必要がある。つまり、男は彼女の体重を支えられるだけの腕力が必要であり、女性はずり落ちないように両足でガッチリと締めておける筋力が必要。
男女双方の身体能力が高くないとできない体位だ。

動きは、男が彼女を上下に揺さぶることで、挿入したペニスの抜き差しを行う。彼女の体重が50kgだとしたら、その重さを揺さぶるわけだから、かなりの重労働になる。また、揺さぶり方にもコツがあり、ペニスが抜けないように上下させるためには、ある程度の経験値が必要。上級者向けの体位でもある。

<ポイント1> 男性は腕力を鍛えておくこと。

    



対面立位アニメーション01
























舞ワイフ(森本 玲奈さん)





夜学問

トップページ







inserted by FC2 system