<背面騎乗位は騎乗位の姉妹体位>

女性主導で気持ちいい体位と言えば騎乗位ではないだろうか? 
でも実は背面騎乗位も負けず劣らず気持ちいい体位なのだ。
背面騎乗位は騎乗位に似ているが、女性は男性に背を向けてピストンする。
また男性に背を向けてペニスを挿入するため、いつもとは違う角度でペニスを堪能できる。

騎乗位好きの女性はもちろん、バック好きの女性もとりこになってしまうくらい、背面騎乗位は気持ちがいいのだ。
背面騎乗位は女性にとって様々なメリットがあり、感じている顔を男性に見られないため思う存分、快楽に浸ることができる。

なお、背面騎乗位を俗的には【裏騎乗位】とも呼んでいる。


<背面騎乗位のコツ>

背面騎乗位は女性が男性の上にまたがり、背中を向けてピストンするだけだが、少しコツがある。
そのためセックスの時は必ず騎乗位をしている等、騎乗位に慣れている女性は簡単にできるだろう。
しかし騎乗位に慣れていない女性は少し難しいかもしれない。
何回か騎乗位をしてピストンの動き等がわかれば、背面騎乗位もできるようになるだろう。


<背面騎乗位を男性が好きな理由>

騎乗位は男女共に人気のある体位だが、背面騎乗位は特に男性から人気がある。
背面騎乗位は女性が男性の顔に対して、後ろ向きにまたがるのが特徴。
男性は女性のお尻をじっくり眺めながらセックスを楽しめるため、お尻フェチには最高の体位と言える。
男性が好きな理由は他にもある。
「後ろからくびれを眺めることができる」
「背面からピストンしている姿を見るのもいい」
「アソコが締まって気持ちいい」
「時々振り向きながらピストンされると興奮する」
「背後から胸を触ることができる」等
また女性は上体を前に倒した場合、男性からはペニスとアソコの結合部分がよく見えるため興奮する。
とよいことずくめだが、ゆいいつ残念な点は、かわいい彼女の表情がうかがえないこと。


<背面騎乗位の挿入のしかた>

男性は足を軽く閉じて仰向けになったら、女性は男性の顔に背中を向けるようにして男性の上にまたがる。この時女性は両膝を床につける。女性は上体を前に倒して片手を床につける。もう片方の手を使ってペニスを持ちゆっくり挿入する。
挿入する時は女性は少し前かがみになった方が挿入しやすい。また背面騎乗位に慣れていない女性は挿入しやすい角度にペニスを持ってもらう等、男性に手伝ってもらいながら協力して挿入してみよう。何度か体験すると挿入しやすい角度等が分かるようになる。挿入することに慣れてくると、男性に協力してもらわなくても自分一人でスムーズに挿入できるようになる。



① 月見茶臼型背面騎乗位(膝下つけバージョン)

背面騎乗位の中でも一般的な種類にあたるのが、こちらの月見茶臼。向かい合うノーマルな騎乗位から女性が反対を向くと簡単に完成する。肩から背中と腰……柔らかそうなお尻のラインが女の色気を感じさせる体位。膝下をつけて、手は男性の太ももにおく。
動き方は2種類。一つ目は少し前かがみになって、お尻を浮かせたり下げたり上下させることでペニスが出入りするところをゆっくり見せつける……というピストン運動。柔らかそうなヒップラインがお尻好きにはたまらなくなり、さらに勃起度は上昇する。
また、男性はアソコにゆっくり呑みこまれていくことに興奮するので、早く動かなくても大丈夫。(背面騎乗位ではペニスが勃起に逆らって挿入されているので、早く動くと陰茎骨折する危険性があるので、女性はがんばりすぎないように……)
二つ目は、腰を前後にこすりつける方法。向かい合っている時とは当たる場所・快感の種類が変わるので、気持ちいいポイントを探してみよう。せっかく好きな人とセックスするのだから、貪欲に楽しんだもん勝ちだよ。

<メリット>
1. 彼からペニスの出入りが見える=興奮させる
2. お尻好きにはたまらない
3. 背中~お尻のラインがセクシーに見える

    



② 月見茶臼型背面騎乗位(膝立てバージョン)

①で解説した月見茶臼は膝下をつけていたが、こちらは①からすこし変化。今度は両膝を立てて、和式便所にしゃがみ込むような形の背面騎乗位。ペニスが奥まで届くのでポルチオ刺激に最適。踏ん張りやすく、色々な動きができるのもプラス材料。
・男性が好きな上下のピストン運動 ・前後にこすり付ける方法 ・ペニスを支点に円を描くように腰を回すグラインド どれでもOK。体位は同じままでも、動き方を変えれば中のペニスが当たる場所も変わるので、刺激に飽きることがない。
次から次へと変わる刺激は彼を追い詰めること間違いなし。自分の上で積極的に動くあなたの姿にも興奮するはず。背面騎乗位なら感じている顔を見られないのも女性的には嬉しいポイント。
ちなみに、①の月見茶臼と比べると、シルエットがより直接的なエロさを持つのもこちらの種類の特徴。彼の好みやその日の雰囲気に合わせてチョイスして、ラブタイムを味わい尽くそう。

<メリット>
1. 動きやすい
2. 深く繋がれる(ポルチオを刺激できる)
3. ダイレクトなエロさが出る

    



③ 〆込み錦(しめこみにしき) ★★★筆者おすすめの体位

膝下をつける月見茶臼型背面騎乗位から男性の足に向かって倒れ込んで、彼が半分体を起こすと、繋がっている部分やお尻の穴まで見えてしまう刺激的な体位。そんなところまで見られると思うとなかなかの勇気が必要だが、これが男性からすると大興奮。AVで、抜き差ししている結合部のアップがよく映ることからも分かるように、男性はこういう直接的なエロさで興奮するもの。体勢上ペニスが抜けることも少ないので、多少激しくしても「膝立て月見茶臼」ほどの危険性がないのも嬉しい。
基本的な動きはヒザを屈伸させるだけ。騎乗位の中でもそんなに疲れない種類なので、疲れた時の一休みにも最適の体位。

<メリット>
1. 結合部の丸見え度ナンバーワン
2. 比較的激しく動ける
3. お尻好きにはたまらない

    



④ NEO撞木反り(ネオしゅもくぞり)

仰向けになった男性の上で、女性が肘をついて足を突っ張ったブリッジのような格好で下から突き上げられるこちらの体位。男性が女性の腰を支えれば、背面騎乗位の中では珍しく激しく動ける種類になる。ほぼひっくり返った体勢のせいで女性の自由が利かない、というところも男性のS心をくすぐるので、燃えさせるポイントになる。男性ってこういう、軽い無理やり感のある雰囲気で興奮する傾向がある。
第三者的に結合部が丸見えになるのでAVでは重宝されている体位である。
鏡をうまく使えば興奮倍増。胸も、ペニスを飲み込んでいるアソコも丸見え……恥ずかしい恰好だが、視覚的に興奮させる効果は抜群。


<メリット>
1. 男性が下から激しくできる
2. 男性のS心をくすぐる
3. 鏡でさらにエッチなプレイになる
<デメリット>
1. 長丁場になると女性の腕がつらい

    



⑤ 撞木反り(こちらが四十八手の撞木反り) ★★★筆者おすすめの体位

男性の上で仰向けになって全体重を預ける体位。④の「NEO撞木反り」よりもずっと昔からある体位だが、意外なことに女性がイきやすい体位と言える。女性のオーガズムは大きく分けて2種類(中イキ・クリイキ)あるが、この騎乗位で多く見られるのはクリイキ。完全に体重をかければ、片手でクリトリスを触りながら【足ピン】という芸当が簡単にできる。反対側のヒジをつけてバランスを取る。胸を触ってもらっての三所責め(みところぜめ)も可能。「オナニーならイケるけど、セックスではイケない」というお悩みの女性にはピッタリ。
足に力を込めることでペニスが押し出され、多少抜けやすくはなるが、彼を感じながらイってみたい……という願いは叶う。
男性はペニスから来る快感こそ低いが、彼女が自分の上でオナニーしている事実、感じている姿、イキそうになっている気配など、精神的に興奮する材料はたっぷりあるので、ほかの体位とは次元の異なる興奮が駆けめぐるかも。1回するとまたしたくなる不思議な中毒性のある体位といえる。

<メリット>
1. 三所責め(膣・クリトリス・胸)ができる
2. 女性がイきやすい体位
3. 男性は精神的に満たされる

    



背面騎乗位アニメーション01
背面騎乗位アニメーション02
背面騎乗位アニメーション03
背面騎乗位アニメーション04
背面騎乗位アニメーション05























羞恥の風





夜学問

トップページ







inserted by FC2 system