湯煙の向こう 

人影がだんだん大きくなってきた

それが君だと判別できたときの歓びを

どんな言葉に置き換えたらよいのだろうか

てぬぐいで胸元を隠す仕草が 

とても初々しくて


「もっとこっちにおいで」

君はまるで少女のように

はにかみながら湯をかき分け

そばにやってきた


恥じらいのせいか

すこしのぼせたのか

うつむく横顔は

ほんのりさくら色に染まっていた


Shyrock
















時には温泉でしっぽりと♪
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20








ふたりで温泉旅行と言えばエッチへの期待度も大いに高まる。
男性が貸切露天風呂を予約するのは大半が下心と言われている。
旅行が近づいてくると、あれこれとエッチな情景を思い描くものだ。
到着してからも楽しいが、想像するのもまた楽しいもの。
着いたら先ずお風呂で1ラウンド、寝る前に寝巻きに着替えて1ラウンド、朝起きがけに1ラウンドなどと。
朝からエッチができるのは、お泊まりの醍醐味だよね。
前夜に燃えた余韻に浸りつつ、朝もふたりの絆を深めよう。
ラブラブな朝を楽しんだ後、お風呂でさっぱりできるのも温泉宿ならではないだろうか。
ただし温泉はラブホテルとは違いセックス用の場所ではない。ほかの利用客もいるので配慮することも必要である。
アノの声が隣に漏れないよう十分注意をしよう。


温泉セックスというと、温泉の湯船の中で挿入するというイメージが強い。
せっかく温泉にやって来たのだから、行為が可能な場所であれば、衛生面を配慮しながら、温泉に浸かりながらセックスを行ないたい。
そこで、おすすめなのが浴槽内での立ちバック。男性、女性共に浴槽内に入り、その場で立ちバックで挿入する。よりかかるところがあれば、それによりかかり、無ければ男性が女性を抱きかかえて挿入といったスタイルが最適だろう。
また、男性が浴槽の縁部分に腰掛けて、女性がいきり勃ったペニスに座るような背面座位といったスタイルも良い。温泉で身体が温まるだけでなく、性器も温かくなって気分も高揚することだろう。











混浴大全集











夜学問

トップページ
inserted by FC2 system