男性必読~覚えておきたい前戯テク~その3







足の外側を通った手は、今度は内側を通って帰って来る。
その時、くるぶし・ふくろはぎ・指の間・膝の裏側といった所も女性の泣き所だから忘れないようにね。

太股の内側まで手が来たら、クルクルさすったり、ヴァギナギリギリの所までさすったりする。
しかし絶対に女性自身に触れてはいけない。絶対に。
(すぐに触るのはAVに任せておこう(笑)AV男優がH下手と言うことではなくて、AVそのものが見せることを目的としており、高等テクニックを駆使しようとはしない。)

膝の裏から一直線にさすりあげ、ヴァギナを飛び越えて、反対の太股をさする。
その時、爪の先などでツ~となであげ、ヴァギナギリギリの所で反対側に移す。

腰のあと背中に這わせた舌を、足の方へ這わせて来る。
ジグザグとか円を描きながら、つま先まで行き、くるぶし、足の甲などを舐める。

舌を指のつけ根あたりで止め、息を吹きかける。
女性は次の行動を予測して興奮するはず。
少し焦らしてから、指を一本一本しゃぶったり、軽くかんだり、指と指の間に舌を這わせる。
(女性の指は意外と性感帯)

このあたりでスカート(ズボン)を脱がせようね~。
パンティの上から、てのひらで恥丘を撫でる。
つま先へのキスを徐々に上げて来て、手を股間へ這わせる。
  人差し指と中指でVサインを作る様にして、性器の内側を刺激する。
最初は5回に一度、Vサインを閉じて撫で上げる。
だんだん4回、3回に一度と減らしていくうちに、彼女も気分が高まり腰を突き出して来るはず。

2回に一度、毎回になったら、軽くてのひらをパンティの上に置き、円を描くようにさすったり、たまに、股のつけ根からパンティの中に指を入れたりする。

しかしその時も絶対に性器には触れないこと。(まだ早い)

このあたりで、唇を股の内側から、パンティの上へ這わせていく。
敏感な部分を舌で突っついたり、鼻をこすったり、唇を当てて熱い息を思いっきり吐くのも効果大。
この時、両手を遊ばせないように。乳首へ、腰へと愛撫をする。

次に女性を少し回転させ、尻を愛撫する。
両手でさすり、強く揉む。
尻の割れ目に指・舌を這わせる。
また尻を軽く噛むなどして、パンティを下げ、尻をむき出しにしておく。

ゆっくり表を向かせ、ふたたび唇にキスをする。
もう一度この時「スキだよ」とか、囁くと効果的。

首筋にキスを移動させ、この時パンティの中に浅く手を入れ陰毛を撫でる。

そして片手でパンティを脱がせる。
尻に引っかからないので簡単に脱がせられるはず。















妻のセックス

















夜学問

トップページ




inserted by FC2 system