そもそもこのネーミングの由来は、女性が愛液を溢れさせる姿がいかにも
「岩の狭間より流れいずる清水のごとく」に似ているところから付けられたと言う。
実行してみれば「なるほど」と肯かれることだろう。

 男性の顔の真上に女性が跨り、恥かしい場所を男性にキスしてもらう形。
 それが、極限羞恥体位『石清水』。
 この体位は女性にとってかなり恥ずかしいようで、
最初はモジモジしてなかなか応じてくれないケースが多い。
 特に性経験の浅い女性の場合はなおさらだ。
 少々経験豊富な女性でもかなり抵抗があるようだ。





~石清水~



石清水01

石清水02

石清水03

石清水04

石清水05

石清水06

石清水07

石清水08

石清水09

石清水10




 この体位の欠点……

 女性の側から頼みにくいことである(笑)

 彼氏が好奇心旺盛な男性ならば、女性から依頼するまでも無く、いずれはこの体位を経験することになるだろうが、彼氏が性に疎いなタイプであれば、おそらく経験する可能性は望み薄と考えておいた方がよいだろう。


 なお、よく似た体位で『顔面騎乗』と呼ばれているプレイがある。
 恰好はよく似ているが、『石清水』と『顔面騎乗』は全く違う。
 それは“行う目的”の違いである。
『石清水』は女性の羞恥心を煽り、性感帯を高め、その後のセックスの効果を高めるために行う行為であるのに対し、『顔面騎乗』はサドな心理の女性とマゾな心理の男性が好んで行うプレイでと言える。

 すなわち、2つは「似て非なるもの」なのである。

 因みに『石清水』は体位の1つに数えられるが、『顔面騎乗』は近代性文化が生み出した1プレイである。

 いずれにしても男性は位置的に息苦しい態勢となるので、窒息しないよう注意されたい。













~裏清水~


 実は【裏清水】などという名前は無い。
 分かりやすくするため、筆者が勝手につけたネーミングである。
 ヴァギナやクリトリスを舐め上げたい時は、上記の【石清水】が好適といえるが、アナル・ヴァギナそしてその中央の“蟻の門渡り(ありのとわたり)”辺りを攻めたい場合は、この裏清水が適していると言える。





裏清水01

裏清水02

裏清水03

裏清水04

裏清水05









~変則清水~


清水態勢
立ち清水
片膝清水
椅子清水
強制清水
のけぞり清水
SM清水
3P清水
スクワット清水
年の差清水
窓際清水
教壇清水
顔面騎乗











官能文書わーるど









夜学問2

トップページ







inserted by FC2 system