「耳」は第2のクリトリスとも言われ、性感帯の1つに「耳」を挙げる女性は意外と多い。
髪をかきあげながら耳に軽くキスをする。
いや、触れなくても息を吹きかけるだけでも感じるようだ。
感じ過ぎた時は首をすぼめて逃げようとする。
前戯だけではなく、後戯の時も耳へのキスは実に効果的なのである。
ところが、耳への愛撫は女性が首をすくめ避けようとする傾向があるところから、
素通りしたり、遠慮してしまう男性も多い。
これはもったいない。

では、耳への愛撫を女性は何故嫌がる傾向があるのか?
理由は2つ考えられる。
1つは「感じる」と「くすぐったさ」は紙一重だからである。
くすぐったければ誰もそこから逃れようとする。
もう1つは、案外知らない男性が多いが、唾液である。
耳が性感帯だからと言って耳を舐めまくりべったりと唾液がつく・・・
あなたも耳に唾液が入ったらいい気がしないよね?
つまり唾液をつけないよう心がけながら、耳に愛撫すれば
「この人は気配りがある。大丈夫だ」ってやがて分かってくれる。
安心感を勝ち取ることは大事なことだ。

具体的に、愛撫の方法を説明すると、
耳の裏から触れるか触れないかくらいにタッチ・・・
続いて舌を這わせるのも甘噛みするのもOK・・・
ゆっくりと縦の動きで攻めていく・・・

指で撫でたり、甘噛みすればピクピクする。
ピンポイントで攻めるのでは無く、
耳の裏側、耳殻(じかく)、耳の穴をそれぞれ愛撫したり
まるごとくわえてあげるのも良いだろう。
そんな中に耳殻への愛撫も加えていくこと。

もう一度言うけど、唾液には絶対に注意を。

あまりのり気じゃなかった女性が、耳への愛撫をきっかけに
すごくやる気を出し始めるなんてこと、よくあること。

耳への愛撫が凄く効果的なのが分かってもらえたかな?
いきなり、乳首やおっぱい、それにアソコなんて触れる男性はC級だよ(笑)
耳を経由するだけでランクアップ間違いなし!

あ、それからもう1つ効果アップを教えようか。
それは「耳の愛撫」+「耳元でのささやき」。
女性は脳で感じる生き物。
耳への愛撫をしながら「好きだよ」「きれいだよ」
とかささやきながら愛撫を続ければ、
彼女の胸の鼓動はもうドッキドキ。
それにアソコももう・・・^^






耳01 耳02 耳03 耳04 耳05
耳06 耳07 耳08 耳09 耳10
















羞恥の風






夜学問2

トップページ







inserted by FC2 system