野外セックスが違法であると知ってはいても、部屋内の安全なセックスに飽きた人はスリルを求めてチャレンジするかも知れない。
 お薦めはできないが、どうしてもと言う人はちょっとしたコツを覚えておこう。

 まず見つかりにくい場所としては……

 ①車の出入りの少ない立体駐車場の屋上 
 ②夜の田舎道(車も人も通らないような田舎道)
 ③病院・学校などの屋上(ただし鍵が掛かっている場合が多い)
 ④人のこない公園の公衆便所(男女共用トイレが無難)
 ⑤観光地以外での夜の海岸
 ⑥行き止まり道路で通過車両が無いことを確認し車の外
 ⑦季節はずれの公園の駐車場で車の外
 ⑧ローカル線のJR車両(夜便)
 ⑨対向車を気にしないのであれば走行中のフェラチオ(ただし危険は伴う)
 等が挙げられる。

 言うまでも無いが、昼よりも夜がお勧め。昼間だと見つかって通報されるおそれあり。

 ⑤の夜の海岸が最もお勧め。夜の海岸は人も滅多に来ないし、声も波の音で消されるので見つかりにくい。バスタオルを準備しておけば万全。ただし体位は座位かバックが無難。

 野外セックスは雰囲気を楽しむものなので、いつもより早く射精してもよい。前戯はなにかと言い訳できるし、見つかりにくいが、挿入している時間は、やはり非常にリスキーなので、なるべく早くイクようにしよう。イクのに時間がかかる人は、挿入前のフェラを長くしてもらい、「もう、イキそう……」という状態になってから挿入すれば、挿入している時間は短くてすむ。
 見つかった経験のある人は分かっていると思うが、挿入中に人に見つかり注意を受けるととても気まずい。2人の間にも気まずさが漂い、せっかくの想い出が台無しになってしまう。
 前戯までを野外で行い、挿入などの本格的なエッチはラブホへ移動して行うのがベストだけれど、気分が高まるとなかなか途中でやめられないもの。でも絶対に捕まらないようにしてね、カッコ悪いし。【公然わいせつ罪】で前科1犯なんてシャレにもならないよ。
 ちなみに、冬の海岸エッチは寒すぎるし風邪引くので絶対にやめておこうね。

(参考法令)
 野外でセックスを行う(自分の敷地内は野外にはあたらない)と、【公然わいせつ罪】に問われ、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金になる。(刑法174条)ただし現実問題として、発見即逮捕にはならず注意だけで済ましてもらえるかも知れないが、違法であることは間違いないので十分注意しましょう。










屋外 01 屋外 02 屋外 03 屋外 04 屋外 05
屋外 06 屋外 07 屋外 08 屋外 09 屋外 10
屋外 11 屋外 12 屋外 13 屋外 14 屋外 15
















羞恥の風















夜学問(2)

トップページ
inserted by FC2 system