<正座型後背位解説>

 後背位のようで後背位には非ず 背面座位のようで背面座位にも非ず
 江戸の町衆より伝承せし四十八技の いずれにも当てはまることなし
 されど挿し心地 挿され心地 いずれも随喜の称賛に値せしものなり

 今回ご紹介する『正座型後背位』を江戸時代の瓦版風にご紹介すれば、こんな風になるのではないでしょうか。
 かの四十八手にも当該体位によく似た体位は残ってはいるのですが、いずれも異なります。
 例えば、

 本駒がけ、すくい上げ、後茶臼、碁盤詰め……等

<正座型後背位の仕方>

 まず女性が四つ這いになる。ここで後ろから入れるとふつうの後背位になってしまう。
 最も重要なポイントとなるのが女性の足である。
 男性が後ろから女性の膣にペニスを入れながら、女性の両足を男性の股の間に挟む。
 こうすることで女性の膣の締まりが良くなる。
 膣の締まりが良くなれば当然男性のペニスを締める圧力が強くなるので男性はかなり気持ち良くなる。
 さらに膣が締まることで女性もすごく気持ちよくなる。
 この状態で女性は小さく丸まること。
 女性は丸まった状態から上半身を起こして胸を張る。
 四十八手の「ひよどり越え」にも似ているが、女性が上半身を上げてしまっているため難易度は高くなる。
 なお、男性のペニスのサイズによっては、女性が上半身を上げた段階で膣から抜けてしまう可能性があるので要注意。また男性の勃起度が低い場合も抜けやすいので注意すること。

 さて、ここまでが基本形で、この後第二段階へ。男性はここからが特に大事。
 男性は、女性の膣にペニスを入れながら、片方の手で女性の両乳首を擦りつつ、もう片方の手でクリトリスをいじるのがコツ。
 男性にとってはかなり忙しい体位だが、女性が歓ぶこと必定なので、がんばって。

「正座型後背位」は膣の締まりがよくなるので男性が気持ちいいのは当然だが、それ以上に女性もすごく良いと聞く。多くのAV女優さんがこの体位を賞賛しているのが何より証拠。

 余談だが、AV男優として有名なしみけん氏は当該体位を男女ともに最も気持ちのよい体位に挙げており、AV業界では独自に『ロールスロイス』と名付けている。










01 02 03 04 05
06 07 08 09 10























混浴大全集





夜学問2

トップページ







inserted by FC2 system