~女がシーツを掴む瞬間~










<絶頂時における女性の肉体的特徴>

女性のオルガスムスは個人差がある。
同じ女性でも状況が代わるとオルガスムスも変わる。
一般的に全身の筋肉は硬くなる。
弓なりの状況になることが多い。
軽いしびれや小刻みな振動の後、身体が麻痺したような状態になる。
この麻痺した状態が女性のオルガスムスである。
この時、膣内は激しく収縮し、目はうつろに、呼吸も困難になりがちとなる。
女性によっては失禁してしまったり失神してしまったりする場合もある。
この時の感触が身体を投げ出されていくような感じがするところから、「イク」と言葉が自然と生まれたとも聞く。

女性の場合は男性と違って何回でも絶頂を迎えることができる。
一般的に絶頂を迎えれば迎えるほど次の絶頂への間隔は短くなり、絶頂の度合いも大きくなっていく。


女性の絶頂時における変化を記してみると・・・

<女性器の変化>

*興奮・・・
乳首が立つ。
クリトリスも皮がむけて大きくなる。
大陰唇はなんだか平に見えるようになる。
小陰唇は充血して膨張してくる。
膣内からは粘っこいお汁が染み出てくる。
(色が白っぽいネバネバしたお汁)
膣が広がるのが目視ですぐ判るようになる。
(ポッカリと穴が開いてくる感じ)

*安定・・・
胸が少し膨らんでくる。
小陰唇と膣が膨らんでくる。
クリトリスはまたまた皮に包まれてしまう。
性器全体がポッテリと盛りあっがたように見える。
性器が温かく感じられる。
小陰唇の色が濃くなる。
(ピンクから赤や赤褐色に変化)
膣口から少し入ったところが狭く締まってくる。
(この締まってくる辺りにGスポットがある)

*絶頂・・・
膣内が収縮をはじめる。
収縮が終わった後、緊張が解けた状態が絶頂である。
この時子宮口は精子を迎え入れるために開く。
この時、刺激を受けるとまた絶頂を迎えることができる。

*消退・・・
興奮が冷めていく。
身体に起こっていた変化がゆっくりと元に戻る。
子宮口はまだ開いているが快感はない。
男性と違ってゆっくりと元に戻る。
(余韻がある状態)


<絶頂時にシーツを掴む女性>

女性は絶頂に達するとき、無意識のうちにさまざまな仕草を見せる。
身体を弓なりに反らすという仕草を見せる女性が最も多いように思うが、
「シーツ」を掴む(引っ張る)仕草を見せる女性も意外と多い。(もちろんその時の体位にもよるが)
おそらく女性自身はそれらの仕草を気づいていない場合が多いのではないだろうか。
女性がシーツを掴む仕草を見せる時、単純だが男は大きな満足感と達成感を得る。
それは自身が射精する時とは全く違った歓びといえよう。
たまにまだイッていないのにイッた振りをする女性がいるが、
勘の鋭い男性や性経験豊富な男性であればそれが演技だとほぼ見破るもの。
下手な演技より、本音を正直に伝える…それが信頼への早道といえよう。

ただし、シーツを掴んだからといって、必ずしも絶頂に到達したとは限らない。
感じてきただけで早めに掴む女性も多いから。








シーツ01 シーツ02 シーツ03 シーツ04 シーツ05
シーツ06 シーツ07 シーツ08 シーツ09 シーツ10















官能文書わーるど
官能文書わーるど















夜学問2

トップページ
inserted by FC2 system