第11話


「くっ!あ、あんたまでが・・・見損なったわ・・・」

 この男だけは信頼できると思っていたサブローにも裏切られた形になってしまったありさは、悔しさで目の前が真っ暗になってしまった。

 チームのメンバーとはうまくやってきたはずなのに・・・
 自分なりに精一杯面倒は見てきたはずなのに・・・
 彼らには人の情というものがないのだろうか・・・
 所詮は烏合の衆であり、クズのような人間の集まりだったのだろうか。
 期待が裏切られたありさは怒る気にはなれず、ただただ虚脱感に包まれるばかりであった。

 彼らの本性をやっと悟ったが、時はすでに遅かった。
 ありさは三度、白濁色の液体にまみれようとしていた。

 サブローは床に仰向けに寝転び、腹の上に乗るようにありさに指示を送った。

「へっへっへ、憧れのマドンナありさ様のマンコを串刺しにできるとは、オレもやっと運が向いてきたぜ~。さあて、どんなお味かしっかりと確かめてやるぜ。さあ、早く乗ってこい。嫌だとは言わせねえぜ」

(シャキッ!)

 後方でナイフの構える音がして、冷たい感触がありさの背中に触れた。

「・・・」

 サブローはつぶやいた。

「ありさ、オレのデカマラでマンコをぶち抜かれたいか、それとも鋭利な刃物で背中を貫かれたいか、さあどっちかを選べ!」
「くっ・・・」
「さあ、時間はねえぜ、すぐに決めな」

 サブローは冷ややかにささやいた。

「この人でなしが・・・」
「ふん、ほざけ」

 ありさはサブローをキッと睨みつけながら、おもむろに腹の上にまたがった。
 虚ろな瞳で天井を見上げながら、ゆっくりと腰を沈めていくありさ。

(うっ・・・)

 ありさは膣内にかすかな痛みを感じた。
 もしかして2度の性交で膣内を傷つけてしまったのかも知れない。
 それでも拒むことは許されない。
 ありさは目を閉じ痛みに耐えた。

「さあ、オレの腹の上で踊れよ。おまえ、クラブではダンスが滅法上手かったじゃねえか?」
「い、痛いの、太すぎて痛いのよ・・・」
「へっ、そんなこと言ってオレから逃げようって魂胆か?逃がしやしねえぜ」

 サブローはありさの腰に手を添え、自らの方へグイグイと手繰り寄せた。

「い、痛い!痛いよぅ~、ああっ、やめてぇ~!」
「踊れえ!踊らねえか!オレの言うことを聞かねえなら、オッパイをナイフで切り裂くぞ!いいのか~!?」

 サブローはありさを貫きながら叫んだ。
 ありさは涙をサブローのぶ厚い胸板に落としながら、歯を食いしばって腰を振り始めた。

「そうそう、その調子だぜ。マンコの締りは最高だぜ!いいぜっ!いいぜっ!その調子だ!」

 上下動を繰返しているうちに徐々に潤滑油が滲んできたせいもあり、ありさの痛みは少し和らいでいた。

 まもなく、痛みがほとんど消えて、やっとリズミカルな動きに戻っていた。
 見下ろすとサブローが馬鹿っ面でアヘアへと喘いでいる。

 サブローは下からありさを突き上げながら、こちらを見つめている黒人のサムを呼んだ。
 サムはふたりの行為を興味深そうに覗きこみながら「何の用か」と尋ねた。
 サブローは隠微な笑みを浮かべた。



第12話


「サム、確かお前は後の穴が好きだったな。女と致す時はいつもバックばかりだと聞いているぜ」
「ボク、マエノアナ、アマリキョウミアリマセン。デモ、ウシロノアナハダイスキデス」

 たどたどしい日本語であったが、どうにか意味は理解できた。
 サムはアナルマニアのようだ。

 ふたりの会話を聞いていたありさの表情が険しくなった。
 過去性経験はそこそこあったが『アナル』の経験は皆無と言えたし、以前からそのような性行為に嫌悪感を抱いていた。

「サブロー、サム、お願い、それだけは許して・・・あたしそっちは嫌なんだ。絶対にダメ!」
「サイショハダレデモ、イヤガリマス。デモスグニナレマス。アリササン、コワガラナクテモダイジョブデス。ソレデハ」
「ありさ、サムのいうとおりだ。大人しくヤツに任せてりゃいい気持ちにしてくれるぜ!わっはっはっは~!さあケツを高く差し出せ!!」
「やだぁ~~~~~!いや、いや、いや~~~!!絶対に嫌!!」

 ありさは子供が駄々を捏ねるように激しく拒絶した。
 だがサブローもサムも全く聞く耳を持たない。
 サブローは嫌がるありさを自分の真上で覆いかぶさらせる形に、すなわち『伸ばし茶臼』の体位に切り替えた。
 尻が後に突き出た格好だ。
 これであれば、前門と後門の『二丁掛け』が可能となる。
 サブローの太い腕ががっしりと背中に巻き付いてきたため、ありさは動きが取れなくなってしまった。
 もちろんサブローの肉棒は先程からありさにきっちりと挿入を果たしている。

 気も狂わんばかりに泣き叫ぶありさの頭を、サムはやさしく撫でながら、ゆっくりと菊門へと指を滑らせた。

「ひぃっ!!いやぁ~~~~~!!」

 サムはマッサージをするように菊門を揉みほぐしていく。

 まもなく何やらクリーム状のものを取り出して菊門に塗り始めた。
 おぞましさで身も震えた。
 たっぷりとクリームの付着した指は菊門へと沈んでいく。

「うう・・・うううっ・・・」

 内部を掻き回われる不快感に、ありさは思わず叫び声をあげた。

「いやあ~~~!!もうやめて~~~~~!!」

 サムは動じない。
 指による蹂躙は数分に及んだ。

「サア、アリササン、ボチボチイレヨウカ。サイショダケ、チョットイタイケド、ガマンシテクダサイネ」

 サムは最初情けないほどに萎んでいたモノが、ありさの菊門を愛撫しているうちに激しい怒張を見せていた。
 ありさの角度からは幸い見えなかったが、もしも彼女が目にしていたなら気絶していたかも知れない。
 それほどにサムのそれは大きく立派なイチブツと言えた。

 後ろに双臀を突き出した格好は、次章への布石であった。
 少しでもサムが挿入しやすいように、サブローが準備を整えていた。
 サムは水密桃のようなありさの臀部をしっかりと抱えた。

 そして尻の割れ目の中央に息づく菊門目掛けて鉄槌を押し込んでいく。

(ググググ・・・)

「ひぇぇぇぇぇ~~~~~!!ぎゃぁ~~~~~~~~~~~!!!!!」



第13話


 ありさは絶叫した。
 サムの肉杭が未開の地に打ち込まれていく。
 菊門が張り裂けそうなくらいパンパンに腫れ上がっている。

「無事開通したようだな~。さてと、じゃあ、オレも再開と行くか」

 生まれて初めてアナルへの挿入を許し、その痛みに顔を歪ませるありさを、動きを止めてじっと見つめていたサブローが、おもむろに腰の律動を再開させた。
 下からサブローに突き上げられ、後方からサムに攻められ、痛みとおぞましさにありさは気も狂わんばかりにもがき泣き叫んだ。
 2穴攻めが初体験のありさにとっては、まさに生き地獄にも思えた。
 2人の男たちは呼応しながら延々と2穴攻めは続いた。

 上下からサンドイッチにされ激しく責められ泣き叫ぶありさを、リーダーはニヤニヤとほくそ笑みながらビデオを撮影している。
 後程明らかになったことだが、実はリーダーは不能者であった。
 しかしながら、時折、規則に反した女性隊員を複数でレイプし、その場面をつぶさに撮影したあと、裏ビデオとしてこっそりと暴力団に売り捌き、チームの資金源としていた。


 延々と続いた2穴攻めから解放されたありさは全裸のまま、綿のようにぐったりと横たわっていた。
 そのありさに対して、リーダーは吐き捨てるように宣告した。

「やっと4人か。まだまだ休憩はできねえぜ。おまえは人気者だからな~。おまえを抱きたい野郎どもがまだワンサカ順番を待っているぜ。はははははは~!せいぜいがんばってくれよ~。野郎どもとの一戦が一回り終わったらちょっこら休ませてやるぜ。メシも出してやっからな。腹が減っては戦ができねえって言うしな~。はははははは~!そうそう、次の野郎はちょっとアブノーマルな野郎で浣腸マニアなんだ。尻を突き出してたっぷりと可愛がってもらいな。だがトイレには行かせねえぜ。スキを見て逃げられると困るからな。隅に便器を用意しておいたからそれを使いな。ただし、衝立は無いから用便中覗かれるかも知れねえけどよ~。がはははははは~~~!!」

 ありさは憎々しそうな表情でリーダーを睨みつけた。

「リーダー・・・あんた言ったね。8時間耐えたらあたしを解放してくれるって・・・?約束は守ってくれるんだろうね・・・?」
「うん・・・?それがなぁ・・・そうは行かなくなってしまったんだよ。おまえと交わった野郎どもがさぁ、1回だけじゃなくって、もう数回ヤリたいって言って聞かないんだよ。だから、まあ当分は帰してやるわけには行かないなぁ。まあ、悪く思わないでくれ。ありさ、美人なうえに名器と来りゃ仕方ねえよな~。まぁ、恨むならてめえを器量を恨むんだなあ。がっはっはっは~~~~~!!」
「そ、そんなぁ・・・8時間我慢したら帰してやるって言ったじゃないか・・・今更・・・汚い野郎がぁ・・・」

 ありさは僅かに託していた一縷の望みを断ち切られ、ただ愕然とするばかりであった。
 耐え難い辱めであっても、ぐっと歯を食い縛って耐え忍べば助かるものと信じていたありさであったが、リーダーの冷酷な言葉に、身体中の力が抜けてしまい抗う気力も失せてしまった。



第14話


 瞳を閉じると瞼に浮かぶのは雅治の優しい笑顔だった。

(雅治・・・あたし、もうダメだよ。あなたの元にはもう戻れそうもないよ・・・身も心ももうボロボロ・・・)

 ありさの目頭から涙が伝った。


 その頃、雅治はありさの携帯に何度も通話を試みていた。しかし留守電のメッセージが繰り返されるばかりであった。
 当然マンションへも何度も電話してみたが一向に出なかった。

 雅治は取りあえず、ありさが住むマンションに向かった。
 だが部屋の灯りが消えており帰った形跡がまったく無かった。

(これはおかしい・・・ありさの身にきっと何かあったに違いない。すぐに手を打たないと・・・)

 雅治はすぐに最寄りの警察署に出向き事情を話した。
 最初は若い刑事が1人で対応していたが、途中から貫禄のある年配の刑事が加わった。

「警部の山元です。もう少し詳しくお話しいただけませんか」

 警察はこの事件をかなり重要視しているようであった。
 雅治は包み隠さず事の次第を一部始終伝えた。
 その間、刑事は真剣な眼差しで雅治の話に耳を傾けていた。

「事情はよく分かりました。ありささんは彼らに拘束されている可能性が高いですね。実は彼ら暴走族『ブルースネイク』は、暴走族がらみの事件だけにとどまらず、数多くの刑事事件を起こしているのです」
「それはどのような?」
「婦女集団暴行事件です・・・」
「え、本当ですか!?」
「はい・・・ただちにありささん救出に向かいます」

 警部は雅治の気持ちを察してか、あるいは警察ではあまり使用しない言葉なのか『強姦』という言葉の使用は避けた。
 婦女暴行とは女性に対して性行為など淫らな行為を強制し力で相手を抑圧する行為のことを指し、強姦と比べるとはるかに広い意味を表す。また、婦女暴行は強姦や強制わいせつを置き換える言葉であり、新聞等の報道で用いられるのもほとんどこちらである。

 雅治はありさから彼らのアジトを聞いていたので、その所在地をすぐに警察に伝えた。
 早速多くのパトカーが現場に急行した。


 パトカーの後部座席で腕を組む山元警部は悩んでいた。
 もしかしたら証拠が乏しく警察として大失態を演じるかも知れない。
 だが、雅治には話さなかったが、山元警部の脳裏には『ありさという女性は間違いなく彼らに監禁されている。しかもレイプまでも・・・』という確信があった。
 それは雅治が持参したありさの写真を見て、一層確信を深めたものであった。
 警部が過去幾多の刑事事件を担当してきて、レイプされた女性は偶然にも美女が多かったのだ。

(思いたくはないが、ありささんもおそらく彼らの魔の手に・・・)

 被害者の共通項が『美女ばかり』などとは、警察が発表できる事項ではなかったし、調書にそのような記述すらできなかったのだ。
 しかし、そんな事実は担当警部の記憶には深く刻みこまれていたのであった。


 皮肉にも山元警部の勘は当たっていた。
 踏み込んだ彼らのアジトから、ボロ布のようになったありさが見つけ出された。
 ありさはすぐに病院に運ばれ手当てを受けた。
 全身を丹念に検査された結果、膣内や肛門等数個所に裂傷が見つかった。
 また複数の男性の精液が検出されたが、幸いにも妊娠していないことはのちに判明する。
 雅治は病院の待合室で、検査が終わるのをじっと待っていた。



第15話


 やがて検査が終了し、医師から詳しい検査結果を聞いた雅治は、すぐさまありさへの面会を申し出た。
 医師は被害者の恋人ということもあり面会を許可した。

「ありさ、大変な目に遭ったね?でももう大丈夫だよ」

 雅治の姿を見たありさは、彼にすがりつき思わず泣き崩れてしまった。

「ありさ、医者や警察の人たちから状況は聞いたよ。でも今回のことは少しでも早く忘れようね」
「うん」
「ありさ・・・」
「うん?」
「ありさ、愛しているよ」

 ありさにとって彼のその一言は、どんな治療や薬剤よりも最も効果のある良薬といえた。

「雅治、ごめんね。私があんなグループの一員だったばかりに・・・こんなことになってしまって。許して・・・」
「許すも、許さないもないよ。あれは災難だったんだから、気にしてはいけないよ。今はしっかりと治療に専念して、早く元気になってね」

 雅治の優しい言葉に、ありさは思わず泣けてしまった。


 一方、暴走族『ブルースネイク』のメンバーの取調べが行われ、ありさに危害を加えた男たちは1人残らず逮捕された。
 リーダーから押収したビデオにはありさへの暴行の状況が克明に収められており、それは起訴を固めるための動かぬ証拠品となった。
 警察はすぐさま、傷害罪、強姦罪等で彼らを起訴することとした。
 また、彼らには今回のありさ暴行事件だけでなく、他にもいくつかの余罪があることが判明した。


 日の経過とともに、ありさは次第に元気さを取り戻していた。
 しばらくは精神的なショックから夢にうなされることも多かったが、最近はそれもほとんどなくなっていた。
 ただ1つだけ奇妙なことがあった。
 それは雅治とのデートでラブホテルに泊まったときのことだった。
 つけたテレビにアダルトビデオが流れた。
 しかも万悪くそれはレイプもののビデオであった。
 雅治はありさに気遣いすぐにテレビのスイッチを切ってしまった。
 ところがありさは妙なことを言い出した。

「ねえ、雅治、今日は優しくじゃなくて、めちゃくちゃに私を犯して」
「ええ・・・どうして?ありさはノーマルなエッチが好みだったじゃないの」

 雅治は唖然として、ありさの顔を見た。
 そして、急にありさを押し倒し、タオルで目隠しをし、そばにあった寝巻のヒモで両手を縛ってしまった。
 不自由な姿のまま四つん這いにさせ雅治がバックから攻めようとしたとき、ありさが意外なことを口走った。

「ねえ、雅治ってお尻の方には興味は無いの?」








ありさ









自作小説トップ
トップページ



inserted by FC2 system