<副題>

第一話 「投げ文」

第二話 「鴨居片足吊り」

第三話 「真白き恥丘」

第四話 「謎の塗り薬」

第五話 「女悦丸」

第六話 「極太の張形」

第七話 「痒みとの戦い」

第八話 「緊縛騎乗位のありさ」

第九話 「二つに折れた煙管」

第十話 「淫猥な綱渡り」

第十一話「肉裂に食い込むこぶ縄」

第十二話「二往復目の綱渡り」

第十三話「後手縛り正座型後背位」

第十四話「たぬき縛り」

第十五話「白濁にまみれて」

第十六話「縄の痕」

第十七話「竹尺尻打ち」

第十八話「突然の訪問客」

第十九話(最終話)

<登場人物>

ありさ……十六歳。瀬戸内海のとある寒村に生まれ育つ。気立ても器量もよく村では大変評判のよい娘だったが、貧しさから口べらしのため奉公に出されてしまう。彼女を待ち受ける過酷な運命とは……。

霧島九左衛門……五十三歳。大阪の船場で呉服問屋を営む。妻は結核のため高石の別宅で療養中。女好きだが並みの女好きではなく倒錯した性的嗜好を持つ。

庄吉……四十五歳。番頭。仕事はよくできるが、頭が固く融通が利かないところがある。だが本当は……

富七……二十八歳。小番頭。番頭のもとで売買や得意先回りを担当。口が上手く如才のない男。

よね……五十八歳。上女中。炊事、掃除、その他家事一切を仕切っている。

ふみ……二十歳。下女中。上の者におべっかを使う。ありさを妬み時々意地悪をする。

音松……十九歳。丁稚。密かにありさに心を寄せている。優しい人柄だが少々そそっかしい。

利松……十八歳。丁稚。ありさに好意的。素直で人当たりがよく番頭や女中たちからも好かれている。

山波淳三郎……二十二歳。道修町の薬問屋山波商店の若旦那。性格は温厚。まだ若いが商才に長けている。








※本作品では、喜劇の吉本等が使用している『現代大阪弁』ではなく、
昔のなにわあきんどが使用していた『古典大阪弁(船場言葉)』を使用しています。


















自作小説トップ

トップページ


inserted by FC2 system