イヴ&もえもえ 山小屋



Shyrock作









第11話

「いやいや、いやぁぁぁ~~~!やめてぇ~~~!」

四散した水飛沫は源蔵の手や衣服を濡らした。
だが源蔵は一向に気にしないで、イヴの身体を押さえつけ恥部を激しく擦りつけた。

「きゃあぁぁぁ~~~!いやぁ~~~!へ、変態っ~~~!」

源蔵の行動はさらにエスカレートした。
イヴの後方から指を膣に挿し込むだけでは物足らなくなったのか、前からも指を宛がってきた。
前方は陰核から膣にかけて、そして後方では菊門を中心に指は這い回った。
しばらくして小水の勢いは止まったが、恥部への陵辱は一向に止まらない。

「ひいぃぃぃ~~~!やめて~~~!擦らないでぇ~~~!」
「グッヒッヒ・・・グッヒッヒ・・・」
「く、狂ってる・・・(この男、完全な変質者だわ・・・あぁ、どうしよう・・・あぁ、あぁ・・・やだぁ・・・)」

「グッヒッヒ・・・おい!前屈みになれ。」
「え?」
「もたもたするな。」
「は・・・はい・・・」

イヴは何をされるのか不安に思いながらも、源蔵の指示に従わざるを得なかった。
不自由な両手と顔を正面の壁板に密着させた。

「グッヒッヒ・・・尻を突き出すんだ。」
「え!?そんな格好嫌です・・・」
「オレに従え。」
「は、はい・・・」

イヴは尻を源蔵の向けて突き出した。
パンティはすでに膝までずらしていたが、立ち上がった瞬間するりと足首まで落ちてしまった。
突然、イヴの腰の両側に大きな手が触れた。
次の瞬間、イヴの下半身に激痛が走った。
源蔵のまるで鉄柱のようなイチブツが花弁を突き立てたのだった。

「ひゃあぁぁぁ~~~!!いやあぁぁぁ~~~!!」
「ふふふ、いくらでもわめけ。この辺は滅多に人は来ない。いくら叫んでも無駄だぜ。グッヒッヒ・・・」

(ヌチュ、ヌチュ・・・ヌチョッ!)

イヴの秘孔は太い竿を挿し込まれて、パンパンに腫れ上がっている。
だが源蔵の容赦のない責めはイヴを襲った。

「ひいいい~~~!ひゃあぁぁぁ~~~!やめて、やめて、いやあぁぁぁ~~~!」

(ズリュンズリュンズリュン!)

源蔵が腰を動かすたびに、イヴは板壁に身体を押しつけられて顔を苦痛に歪めた。

「へっへっへ、なかなかいい締まりをしてやがるぜ。チンポが食い千切られそうだぜ。グッヒッヒ・・・さっきの小娘もかなりの上玉だったが、オマエも申し分ねえな。グッヒッヒ・・・だが、ここでマンコしてても面白くねえな。おお、そうだ、面白いことを思いついたぜ。繋がったまま、やつらのところへ戻ろうじゃねえか。グッヒッヒッヒ・・・」
「ええっ!?そんなことっ!そんなこと絶対にできません!」
「オレの言うことを断れると思ってるのか?ええ?」
「そんな恥ずかしいことを・・・」
「さあ、扉を開けてやるから、そのまま四つん這いで歩きな。」
「ひ、ひどい・・・」

源蔵に後方からの挿入を許したまま、イヴは泣く泣く表に出たが、結合したままではなかなか進めない。
イヴは女性としては背が高い方であったが、大男の源蔵との腰の位置の差もあって、填められたまま歩くことがかなりきつかった。

「仕方ねえなあ。」

やむなく源蔵はイヴに正面を向き合う姿勢にさせ、軽々と担ぎ上げた。
さらにイヴの脚を開かせ、そそり立ったイチブツを下からズブリと突き立てた。

「ひぃ~~~!」

源蔵はイヴの腰を上下に揺すり、むりやり肉棒を奥まで押し込んだ。
俗に言う駅弁ファックであるが、ふたりの体格差からまるでイヴが木立に止まる小鳥のように見えた。
恐ろしく巨大な男根が亀裂に食込んでいる様は、実に卑猥な光景といえた。

源蔵は駅弁姿のまま小屋へと向かった。
その間、源蔵は激しくピストンを繰り返した。

「いやぁ~~~!」


源蔵とイヴが出て行ってまもなくのことだった。
俊介のポケットに入れていた携帯の呼出し音が高らかに鳴り響いていた。

(あの電話に出れたらなあ・・・)

俊介は期待に胸を震わせたが、手足を拘束された状態では、当然電話に出れるはずもなかった。
数回コール音が鳴り、留守番電話へと切り替わった。

その様子を眺めていたもえもえは何を思ったか、足元に置いてあったリュックを脚の指を使って手元に手繰り寄せた。
リュックのサイドポケットを足でガサガサと揺すってみた。
幸運にもポケットに紐が掛かっていなかったため、中の物がピョンと飛び出した。
飛び出したものはティッシュペーパーと携帯電話だった。
もえもえは左足の指で携帯を固定し、右足の指でボタンをプッシュしようとした。
ところが、手で行なうようにうまくキーが押せない。
俊介はもえもえの行動を必死に見守っている。

もえもえは繰り返し何度もチャレンジした。
そしてついに携帯は繋がった。
接続先は先日別れたばかりの慎二の携帯だった。
もえもえは不慣れな脚の指で、懸命に文字を打ち続けた。

『たすけて かみかくしやま やまごや』

(ガタッ・・・)

まだメールを打つ途中であったが、惜しくも玄関先から物音が聞こえた。
用を足しに行ったイヴが源蔵とともに戻って来たようだ。
もえもえは足を使って、携帯とティッシュをリュックの下に押し込んだ。

「グッヒッヒ・・・いいものを見せてやるぜ!」

源蔵はイヴを正面から抱き上げ、イヴの腰を激しく揺すった。

「いやいやいやぁ~~~!恥ずかしいからもうやめて~~~!俊介さんともえもえちゃんに見せないで~~~!お願いだからやめて~っ!」

「さ、早乙女先生・・・」

良く見ると源蔵の怒張したものがイヴを貫いているのが分かった。
イヴのあられもない姿に見て、俊介は言葉を失ってしまった。
もえもえもまた驚きのあまり思わず悲鳴をあげてしまった。

イヴは源蔵に貫かれながらも、あらん限りの力をふり絞り必死の抵抗を試みた。
だが源蔵にとっては蚊が止まったほどにしか感じないようで、イヴの腰をさらに激しく揺らせた。

「ひぃ~~~!やめて!お願い!許して~~~!」
「どうだ、男先生、オマエの彼女はこのとおり、オレのデカマラをハメられてもうアヘアヘ状態だぜっ!ガッハッハ~!もう嫌になったんじゃねえのか?ガッハッハッハ~!」
「ひどい、ひどい・・・もうやめて!お願い!早乙女先生にそんな酷いことをしないで~!」

もえもえは源蔵にすがるように泣き崩れてしまった。

源蔵はもえもえを嘆願を無視し、イヴを駅弁スタイルで抱いたまま俊介に近づいた。
結合個所をわざと俊介に見せつけて、彼の前で仁王立ちをした。

「がっはっは~!どうだ?恋人の大事な穴を知らない男に塞がれているのを、下から見上げるのは。いい眺めじゃねえのか?がっはっは~!」
「うぐぐっ・・・」

俊介は目を激しく吊り上げ、身体をブルブルと震わせていた。


夜が更けても、源蔵の精力は衰えることを知らず、イヴともえもえを交互に犯し続けた。
また俊介を天井から吊るし徐々に下げ、真下で仰向けになったイヴと結合をさせ、自身が昂ぶって来たら、もえもえを犯す等実に変態的な性行為を繰り返した。

源蔵という男は通常の性行為ではあまり興奮出来ないのか、常に異常な行動に出た。
性行為に関しては異常さを極めてはいたが、食事時になると鍋を煮込んで3人に与えるなど人間的な一面も伺えた。



第12話

深夜0時ともなれば、精力絶倫の源蔵もさすがに疲れたとみえて、小屋の隅で横になっていた。
それでもイヴたち3人を柱にしっかりと縛りつけるなど、注意を怠ることはなかった。


ちょうどその頃、小屋の外、夜陰にまぎれユラユラと揺らぐ人影があった。

「あのう、僕もいっしょに行ってはダメですか?これでも空手3段だし格闘には自信があるのですが。」
「ありゃあ、きみぃ、まだここにいたのかね?ダメダメ、もっと遠くへ離れてなさい!通報してくれただけで十分だよ。」
「でも、中に恋人のもえもえが囚われているので放っておけなくて。とても心配なんです。」
「心配なのは解るけど、民間人を巻き込む訳にはいかないんだよ。ここは警察に任せなさい。さあ、早く向こうに行って隠れてなさい!」
「はい、解りました・・・」

機動隊の山本隊長のそばへ、中野副隊長が足音を忍ばせてやって来た。

「あの人が通報してくれたんですか?」
「うん、中にいる女の子の元彼らしい。我々といっしょに突入したいと言ってきかなくって。」
「そんな無茶な・・・」
「全く無謀だね。でもさ、最近、あのような男っ気のある青年って少なくなったね。」
「全くですね。恋人のために身体を張るという男性はそんなにいないんじゃないでしょうか。」
「時代の流れかな・・・?おっ、あと5分で1時だ。準備はいいかね。」
「はい、準備OKです。」
「中の様子は変わりないか?」
「はい、暗くてはっきりとは見えませんが、変わりはないようです。ホシと思われる男が今ぐっすりと眠っています。それから人質の男女3人は柱に縛られたまま眠っているようです。」
「よし!では予定通り二手に分かれて突入するぞ。玄関側からと窓側から同時刻に突き破るのだ。いいか、タイミングを間違ったら人質が危ない。よし、ではすぐに持ち場に戻ってくれ。」
「はい、了解しました!」

中野副隊長は急ぎ足で持ち場である窓側附近に戻って行った。

あと1分・・・。
緊張の面持ちで隊員たちが号令を待つ。
山本隊長と隊員たちは足音を忍ばせて、山小屋の扉付近を取り囲んだ。
鍵を壊している時間がないので一気に扉をぶち破る。
前面には巨漢の隊員が2人待機していた。

一方、別働隊も同様に窓から乗込むため、ガラス飛散対策に余念が無かった。
おそらく窓側の隊の方が早く侵入することになるだろう。
二手に分かれた機動隊員に緊張が漂う。

(カチ、カチ、カチ・・・)

突入の時間が訪れた。
それぞれの隊が予定通り同時に行動を開始した。

(ガチャ~ン!)

窓ガラスが木っ端微塵に割れ、機動隊員が先ず1人素早く突入を果たした。



時を同じくして、玄関扉の鍵が壊され、玄関側からも隊員が一気になだれ込んだ。

「な、何だ!?」

ありったけの精を放出して疲れ果て熟睡していた源蔵は、意表を突かれて慌てふためいている。
俊介たちも異様な気配に思わず目を覚ましてしまった。

「おおっ、警察か!?警察が助けに来てくれたのか!?」

さるぐつわを解かれていた俊介は大声で叫んだ。
イヴともえもえは事態をすぐに察知したが、突然にただ驚くばかりであった。

源蔵はむくっと起き上がり、枕元に置いていた斧を握った。
しかし間一髪、機動隊の角材が源蔵の胸板に炸裂した。

「ぐわ~~~っ!」

もんどりうって倒れた源蔵を3人の隊員が押さえに掛かった。

「おい、君たち、大丈夫か!?」

隊員の1人が俊介たちの縄を解き、安否を確認した。

「僕は大丈夫です!それより女性達に服を着せてやってください!」
「分かりました!取りあえず毛布をかぶっててください!医者ももうすぐ来ると思うので安心してください!」
「ありがとう!」

俊介は隊員に礼を言うとよろめきながらも立ち上がり、源蔵と隊員の間に割り込んだ。

「このやろうっ!よくも僕たちを酷い目にあわせてくれたな~!」

そう言うなり源蔵の顔面にげんこつを見舞った。

「うぐっ!」
「おい、君!ダメダメ!いくら犯人だと言っても殴っちゃいかんよ!」

1人の隊員が身体を張って俊介の行動を制した。

「でも、でも、悔しくて・・・」

俊介の怒りは治まりそうもなかった。
隊員を振切って再び源蔵に挑もうとしている。

ちょうどそこへ、1人の若者が飛込んで来て、隊員達をかき分け、すでにとり押さえられている源蔵の腹部に蹴りを入れた。

「いててて~~~!」

「誰だね?君は!?暴力はいかんよ!」
「あ、君は警察に通報をしてくれた慎二君じゃないか!?犯人に手を出してはいけないよ!いずれ法の裁きを受けるのだから、手を出しちゃいかん!」

「くそ~~~っ!もえもえによくも酷いことをしたな~!許さんぞぉ~!!」

頭に血が昇っている俊介と慎二の怒りがなかなか治まりそうもない。
なおも源蔵へ暴力を振るおうとした。

そこへ一喝する声が轟いた。

「君たち!もうやめなさい!これ以上犯人に手を出したら、公務執行妨害で逮捕するぞ!!」

まもなく俊介たちは沈黙した。

源蔵は手錠をはめられ、機動隊に背中を押されながら山小屋の外へと連れ出された。

山本隊長が先程までの厳しい表情とは一変させ、俊介たちにねぎらいの言葉を掛けた。

「君たち、大変だったね。怪我は大丈夫かい?」
「ありがとうございます・・・。僕たちよりもあの女性たちを早く診てやってください。身体だけじゃなくて、心にも深い痛を負ったと思いますので・・・」
「うん、分かった。」


イヴともえもえは外傷こそ少なかったが、俊介のいうとおり心の痛手は相当大きいものがあった。
ただ後の診察で分かったことだが、ふたりとも妊娠していなかったことが、せめてもの救いといえた。

病室のベッドに横たわるイヴ。
そのそばには俊介の姿があった。

「ねえ、俊介・・・目前で犯された私のこと、もう嫌いになったでしょう?」
「何を言ってるんだ。嫌いになんかなるものか。あれは単なる事故だったんだ。もう気にしないで。」
「ありがとう。そういってくれて嬉しいわ・・・」
「当然だよ。」
「ねえ、もえもえちゃんの様子はどう?」
「もえもえちゃんの怪我も幸いなことに大した事はなかったようだ。それよりも慎二君が戻って来たことが、彼女にとっては怪我の功名だったようだ。」
「まあ、慎二君が戻ってきたの?それは良かった!もえもえちゃんも今回のことはかなりショックだったでしょうけど、彼が戻ってくれば心の傷も早く癒えるわ。」
「全くそのとおりだね。」
「良かったぁ・・・」
「僕はこれからイヴのリハビリ医だ。イヴの心の傷は僕が必ず癒してあげるから。」
「嬉しい・・・」

イヴの目頭にキラリと光るものがあった。
俊介はイヴに身体を寄せて唇を重ねた。

「ねえ・・・」
「なに?」
「もえもえちゃんと・・・」
「うん?」
「エッチして気持ち良かった?」
「うん、抜群に良かったよ~!」
「もう!俊介たら大っ嫌い~~~!」

イヴはふくれっつらになって、俊介の額を指で軽く押した。

「ごめん、ごめん!」
「もう口をきいてあげないんだからぁ・・・」

イヴは病室の外を眺めた。
夕空には秋を思わせるいわし雲がたなびいていたが、俊介とイヴには季節外れの春風が吹き始めていた。

ちょうど時を同じくして、隣の病室でもえもえと付添えの慎二が唇を重ねていることを、俊介とイヴは知るはずもなかった。






戻る
















自作小説トップ
トップページ



inserted by FC2 system