Shyrock 作

官能小説『NOA 鍵』







第1話

 オレ(野亜憲一・30歳)はその夜、ひどく酔っていた。
 今月末に退職する先輩の送別会に参加した後、二次会、そして三次会とハシゴをして、すっかり酩酊してしまっていたらしい。
 それでも最終電車を降りてから、結婚して3年目の妻が待つ自宅のマンションへふらつきながら歩いて帰ったことはしっかりと記憶している。
 ただ徒歩10分がやけに長く感じたのは、酒のせいだったのだろう。

 マンションのエントランスホールから、オレはいつものようにエレベーターに乗った。
 ボタンを押す。
 14階建ての8階にオレの住処がある。
 今夜送別会で帰宅が遅くなるかも知れない、と妻には言ってあるから、たぶん先に眠っているだろう。
 夫の帰りをいつまでも寝ないで待つ妻も世間にはいるが、オレは「帰宅が遅い時は先に休んでてくれ」と常々言っている。

(ウィ~ン……)

 夜のしじまにエレベーターの上昇を告げるモーター音だけが響く。

(ガタン)

 着いた。
 オレはエレベーターを降りて、北側に面する長い廊下を歩いた。
 手前から3軒目がオレの家だ。

 オレはおもむろに鞄から鍵を取り出した。
 鞄に直していてもすぐに分かるようにキーホルダーに着けてある。
 オレには似つかわしくないサン○オのキャラクターと言うのが笑わせる。
 正直恥ずかしくて付けたくないのだが、妻からもらったものだから仕方なく付けている。
 鍵穴に子鍵を差し込んだ。

(カチャ……)

 鍵が開いた。
 オレは妻を起こすまいと思い、静かに玄関ドアを開いた。
 中は真っ暗だ。
 オレは扉を閉め、そっと足を忍ばせ玄関に入った。
 暗くても勝手の分かったオレの家だ。
 紐靴だが面倒なので、そのまま紐を解かずに脱ぎ捨てた。
 酒が入ると細かな動作がつい億劫になってしまう。

 廊下の灯りを点けないでそのまま妻のいる部屋へと足を忍ばせた。
 オレの家は2LDKで、妻とオレでそれぞれ1室づつ使っている。
 ただしダブルベッドがオレの部屋に置いてあり、就寝時だけはいつも妻がオレのところにやって来る。
 照明が消えているので、妻はすでに夢の中なのだろう。
 オレはそっとドアを開けて、音を立てないようにしながら部屋に入っていった。

 真っ暗で何も見えない。
 暗闇の中で耳を澄ますと、微かな寝息が聞こえてきた。
 妻はすでに熟睡しているようだ。
 オレはネクタイに手を掛けた。
 早く解きたい。
 仕事中は気にならないネクタイだが、不思議なことに、帰宅すると急に窮屈に感じてしまう。
 酔いがかなり廻っていたせいもあって、オレは無意識のうちに衣服を脱ぎ散らかしていた。

(ふう……ちょっと飲み過ぎたなあ……)

 いつもなら、少々飲んだくれてもシャワーだけは浴びてから寝るのだが、その夜はシャワーすら面倒に思えた。
 とにかく早く横になりたい。
 オレはいつものようにパンツ1枚になると、妻の眠っているベッドの中にもぐり込んだ。

(はぁ……やはり酒のチャンポンは良くないみたいだなあ……ビールと焼酎をたらふく飲んで、その後、二次会でブランデーをかなりやってしまった……)

 オレは何種類もの酒を飲んでしまったことを反省しながらも、目を閉じて眠りの途に就こうとしていた。
 すると、妻がごそごそと動き出し、パタンとオレの方に寝返りを打ってきた。
 オレがベッドにもぐり込んだために、深い眠りが解けてしまったのかも知れない。
 オレは妻を起こしてはならないと思い、再び、目を閉じた。


第2話

 ところがまたもや妻がうごめき、手がオレの肩に絡まってきた。

(おいおい、オレは今夜飲み過ぎたのでその気はないぞぉ……)

 と、心の中で呟きはしたものの、妻の手をはねのけるのも可哀想なので、妻のするがままに任せることにした。
 すると妻の手に力がこもり、オレをギュッと抱きしめたと思うと、オレの胸にしがみついて来た。
 妻の頭がちょうどオレのあごの下辺りに来ている。

(ん……?)

 その時オレは妻に、いつもと違う何かを感じた。

(何だろう……)

 それは香りであった。
 シャンプーを変えたのかも知れない。
 あるいは化粧水を変えたのかも知れない。
 と、オレはさほど気にはしなかった。

 就寝時その気が無くても、ベッドの中で甘えられると、男と言う生き物はだんだんとその気になって来るものだ。
 愛して欲しいのと無言でオレの胸に頬擦りをし、唇を這わせてくる妻を、オレは抱き返し、ふくよかな乳房をまさぐった。

 たわわに実った果実のような乳房が実に心地よい。
 ただ奇妙なことに、いつもより乳房が一回り大きく感じられたが、「酔ってるからだろう」とオレは意に介さなかった。
 乳房を愛撫すると、妻の気持ち良さそうな吐息が漏れた。

(あぁ……)

(ん……?……えっ!?)

(あぁ~……)

(えっ!?まさか……)

 かすかな違和感が次第に大きく膨らんでいった。
 いつもとは違う妻の感触……いや、この感触は妻ではない。
 オレは目の玉が飛び出そうなぐらいに驚愕した。

(この女は一体誰なんだぁ……)

 妻ではないと悟っても、オレは素知らぬ態度でそのまま乳房への愛撫を続けた。
 女はオレの指に愛されて、淫らな喘ぎ声を惜しみなく漏らした。

(どうしてオレと妻のベッドにこの女がいるのだ……もしかしたら、オレは夢を見ているのかも?)

 オレは頬をつねってみた。

(痛い)

 どうも夢ではなさそうだ。
 オレは今、妻ではない見知らぬ女を抱こうとしている。
 もしかしてオレは異世界にでも迷い込んだのだろうか。
 いや、そんなことは考えられない。

 据え膳食わぬは男の恥ではないが、オレは目前の美味なものにむしゃぶりついた。
 酒を飲んでいなければこの場から飛んで逃げていたかもしれない。相手が妻以外の見知らぬ女性なのだから。
 しかし、時に酒は人を大胆にしてしまう。本来ならブレーキを掛けるところであっても、逆にアクセルを踏んでしまう。
 すっかりオレは目前の女のたわわに実った乳房に欲情させてしまっていた。
 女の身体から漂ってくる艶めかしい香りも、やはり妻のそれとはかなり違う。
 オレは躊躇することは無かった。
 欲望は好奇心に煽られ、さらに拍車が掛かっていく。

 オレは乳首を舐め回しながら、もう片方の手でネグリジェの中をまさぐった。
 すべすべとした肌がオレの指に反応する。

 オレは無性に女のくちびるが欲しくなった。
 女の背中に手を回し、強く抱き寄せくちびるを奪った。

(チュッ……)


第3話

 女はオレを拒むことはなく、むしろ強く吸い返してきた。
 女の口唇から伝わってくる熱気がオレの脳髄を痺れさせていく。

(チュッ……)
(チュチュッ……)

 舌を挿し込んでみた。
 ねっとりとした感触がオレにまといつく。
 女は舌をうごめかしながら、オレの舌に応えようとしている。
 軟体動物のようなものがオレの口内に入って来た。
 かなり積極的な女のようだ。
 セックスに関してはいつも受身が多い妻とはかなり違う。
 オレは女と口唇を重ねたまま、もう一度ネグリジェの中へ手を滑らせ腹部をまさぐった。
 しばらく臍の周辺を撫でたのち、指はさらに下方へ向かいパンティの中へと滑り込んでいった。

 繁みが指に触れた時、女は微かな声を漏らした。

「だめぇ……」

 すでに女の蜜壷はぐっしょりと濡れていた。
 オレは少し強引に指をこじ入れかき回してみた。
 女は即座に反応した。

「あっ……あっ……あああ~っ……」

 それにしても一体これはどう言うことだ。
 オレが抱いているこの女は誰なんだ。
 そして妻はどこに消えてしまったのだ。
 オレは不安に駆られながらも、愛撫する指を止めることはなかった。

「ああっ、そこいい、そこいい、あぁん、もっと~もっと~」

 女は蜜壷をかき回されて、もうとろとろになってしまっている。
 それにしてもこの見知らぬ女はオレのことを野亜と分かっているのだろうか。

 女は布団の中に潜り込み、オレのものにしゃぶりついて来た。
 正直言って今オレのモノはそんなに硬くなっていない。
 不安と戸惑いは男の集中力を削いでしまうのだ。
 しかしそれは女がオレのものを咥える直前までのことだった。
 女は丹念に唇と舌を駆使した。
 しゃぶるときのピチャピチャと言う音がとても卑猥だ。

「うっ……」

 オレのものはたちまち怒張してしまった。
 女はかすれた声で囁いた。

「入れて……」

 オレは黙って肯いた。
 暗闇の中だから女はオレの仕草におそらく気づいていないだろう。
 オレは女と身体を重ねた。
 女はいつのまにかパンティを自ら取り去っていた。

(この女は完全にその気になっている……)

 わずかな良心の呵責。
 かすかな躊躇い。
 そんなものは燃え上がる激しい欲情を消し去るには、何の役目も果たさなかった。

 オレのいきり立ったものが女を貫くのに多くの時間を要しなかった。

(グニュ……)

「あっ……」
「うっ……」

(ズズズン、ズズズン、ズズズズズン……)

「あああああ~~~……ああっ、すごいっ……あ……あぁぁぁ……大きい……あああああ~~~……」


第4話

(ズンズンズンズン、ズンズンズンズン)

「はぁぁぁぁぁぁ~~~~~あああああああ~~~~~」

(ズンズンズンズン、ズンズンズンズン)

「いやぁぁぁぁぁ~~~ん……ふはぁぁぁぁ~~~~~……あぁぁぁぁぁ~~~~~」

 怒張したものは亀裂に食い込みリズミカルに律動を始めた。
 蜜壷がしっかりとオレを咥え込みぐいぐいと締め付けてくる。
 すごく膣圧の強い女だ。
 まるで単体の生き物が蠢動しているかのように思えてくる。
 オレは絡みつく襞を押し分け、奥へ奥へと捻じ込んでいく。
 抱えた女の両脚をさらに女の顔寄りに折畳みまるで海老のように屈曲させた。
 そして激しく突く。
 反り返った竿で奥深くえぐる。

(ズッコンズッコンズッコンズッコン!)

「ひゃあああああああ~~~……ふふぁあああああ~~~~~……あああああああ~~~~~」
「はぁはぁはぁはぁはぁ~」

 狭い亀裂からは蜜が洪水のように溢れ出し十分に潤滑油の役目を果たしていた。

「ああ、いい、いい~、すごくいい~……はぁぁぁぁぁぁ~~~~~」

 今にも泣き出しそうな切ない声が男を一層奮い立たせる。
 女の喘ぎ声は男にとって最高の媚薬だ。
 オレのイチブツは女の中でひときわ大きく羽ばたいた。

 屈曲位で女を激しく攻め立てる。

(ズッチョンズッチョンズッチョンズッチョン!)

「はああああああ~~~すご~~~~ぃ~~~~!ひゃあああああああ~~~~~~!」
「はぁはぁはぁはぁはぁ、はぁはぁはぁはぁはぁ~」
「もっと~もっと~もっとめちゃめちゃにしてぇ~~~」
「はぁはぁはぁはぁはぁ~」

 オレは突きたてた竿にさらに旋回を加えた。

(グリュン、グリュン、グリュン~~~)

「ああっ!すご~~~~~ぉ~~~!あぁ!いい~~~~ぃぃぃぃぃぃ~~~~~!」

((グリュン、グリュン、グリュン、グリュン、グリュン~~~)

 蜜壷を激しくかき回す。

「ふはぁああああああ~~~、はぁああああああ~~~~~~~!」

 長時間屈曲位で攻め続けると、さすがに女もきついのか、体位を変えて欲しいとオレにせがんできた。
 オレは女を裏向きにし、バックから攻めることにした。
 女は肘をベッドにつけ、尻をオレの方に向けてきた。
 オレはてのひらで尻肉の感触を味わいながら、おもむろに挿入を再開した。

(ズニュ、ズズズ、ズン……)

 狭い肉道にいきり立ったものを沈めていく。
 その刹那えもいえぬ快感と征服感が混在する。

「あっ……」

(ズン、ズン、ズン、ズン、ズン……)

 初めは美肉の感触を愉しむかのように、ゆっくりと腰を動かしてみる。
 次に奥まで挿し込んだ状態で静止して、おもむろに旋回させて奥をかき回してみる。
 襞が肉棒に擦られてまるで生き物のようにピクピクとざわついている。
 おそらく子宮口附近まで達しているのだろう。
 突き当たった箇所をオレの先端でぐにぐにと擦ると、女は堪らなくなって来たのか、泣き出しそうな声で喘ぎだした。

 オレは心の中で密かに妻と比較していた。
 明らかに違う肉の絡み具合、そして喘ぎ声。
 人は十人十色というが、顔や姿が異なるようにアソコの具合もかなり違うものだと改めて実感した。
 その頃は既に酔いからかなり冷めていたので、そんな細やかな観察ができたのかも知れない。


第5話

 腰の動きはいつにも増して軽やかだった。
 腹と女の尻がぶつかるたびにいささか滑稽な空気音が聞こえてきた。
 ピストン運動の時に空気を一緒に送り込んでしまうため出る音であり、まるで屁のようにも聞こえるが、真剣勝負の最中であり、オレも女もまったく無視した。

 額から滲み出した汗が女の背中にポタリと落ちた。
 オレは慌てて背中に落ちた汗を手で拭いた。
 その瞬間、腰の運動が少し休んだが、拭いたあと、女の腰をもう一度抱え先ほどより強めに突き込んだ。

「あっ……あっ……ああっ……いいわぁ~……ああっ……はぁ~……あああああ~~~……」

(ズン、ズン、ズン、ズン……ズン、ズン、ズン、ズン……)

 艶やかな水音と女の喘ぎ声を聞いているうちに、オレの堤防が決壊寸前になっていた。
 腰が忙しく動きまくった。
 女も感極まってきたのか、髪を振り乱し動きがオーバーになっている。
 嗚咽とも取れるようななまめかしい声がオレの耳に届いた。

「あああ~~いいわぁ~~~、いやぁん、もっと~もっと~!もっと激しく突いて~!もっとめちゃくちゃにしてぇ~~~!」

(ビクンッ!)

 頭が真っ白になり魚が飛び跳ねるような感覚に陥った。

(うっ!!)

(ピュッ!ドッピュ~~~~~ン!ドボドボドボドボ~~~)

「ううっ……!」
「ああああああ~~~!いやあああああああ~~~ん!はああああああ~~~~~」

 魚が跳ねるのを合図に、堤防はもろくも崩れていった。

 ついに見知らぬ女の中でオレは果ててしまった。
 実は発射する直前挿し込んでいた肉棒を抜こうとしたが、女は射精を拒むどころか「抜かないで!」と叫び、結局オレは女の中に発射してしまった。
 終わった後も女はうつ伏せで崩れ落ち、甘美な余韻に酔いしれているかのように思われた。

 女は仰向けになりオレに唇を求めてきた。
 オレは応えた。
 まだ火照りの冷めない女の身体を抱きしめ、背中や腰をやさしく愛撫した。
 満ち足りた至福のひとときがオレと女を包み込む。
 熱い吐息が、オレの胸にかかった。
 女は恍惚の丘をゆるやかに下っていく。
 男のそれよりもずっとスローテンポで。
 女はオレの胸の中でぽつりとつぶやいた。

「すごくよかったわ……」
「オレも……」

 まるで旧知の恋人同士のように……
 ところが女の次の一言がオレを一気に現実に連れ戻した。

「ところで……」
「うん……?」
「あなた、誰なの?」
「えっ……?」
「確か玄関の鍵を掛けたはずなのに、あなたは入って来た。一体どうなっているの?」
「そ、そんなっ!だ、だって、ここはオ、オレの家だよ~!鍵を持ってるんだし、そりゃ入るさ~!君こそどうしてオレの家にいるんだよ!」
「えええ~~~っ!?うそっ!何を言ってるのよ~!ここは私の家よ~。先月、賃貸契約を結んでここに入居したのに~!」
「ま、まさか……」
「あなた一体誰なの?もしかして夜這いの常習犯?うふ、気持ちは良かったけどさ~」
「夜這いってそんな失礼な!」
「失礼なのはあなたの方よ!」


第6話

 オレは間違いなく鍵を開けて自分の家に入った。
 ところが、今ここにいる見知らぬ女は、ここが自分の家だと主張する。
 まるでキツネにつままれたような話ではないか。

 次の瞬間、オレはあるひとつの事が閃いた。

(ま、まさか……それはないだろう……)

 オレは少しびくつきながら女に尋ねてみた。

「ここ、803号室だよね?」
「ええっ!何を言ってるのよ!ここは903号室よ!」
「ええ~っ!?ほんとに!?」
「ということは、もしかしてあなたは803の居住者なの!?」

 何ということだろうか。
 オレが鍵を開けて入ったのは、オレの家ではなく1フロア上の903号室だったのだ。
 泥酔していてエレベーターのボタンを押し間違えたのだろう。

「でもオレの持ってる鍵で開いたんだよ!」
「そんなこと私に言われても知らないわよ!」

 それもそうだ。この見知らぬ女の責任ではない。
 前の居住者が退去した後、家主が鍵を取り替える際に、何らかの手違いが生じて、偶然一致する鍵を取り付けてしまったのだろう。
 家主に厳重に文句を言わなくてはならない。
 しかし、ちょっと待てよ。
 この件が家主に伝わると、今夜のことも一部始終がばれてしまうかも知れない。
 理由はともかく、オレが見知らぬ家に【不法侵入】してしまったことには違いない。
 しかもそこの住人である1人暮らしの女性を、まるで夜這いをするかのように抱いてしまったのだ。
 もしも訴えられでもすれば、大変なことになりそうだ。
【不法侵入】に加えて【強姦罪】で訴えられるかも知れない。
 しかも妻にまでばれてしまうと……
 そんなことを考えているうちに、額にじっとりと汗が滲み出してきた。
 宵に飲んだ酒もすっかりと冷めてしまって完全に素面を取り戻していた。

 とにかくここは謝っておくしかないだろう。

「ごめんなさい。オレ、自分の部屋に入ったつもりだったんです。鍵もピッタリと合ったし。で、妻が寝ていると思ってついやっちゃったんです……。本当にごめんなさい」

 オレは恥も外聞もなく、豆球だけの暗がりの中、正座をして目前の女に頭を下げた。
 女は意外にも笑みを浮かべ……

「いいの。謝らなくてもいいわ……」
「……?」
「だって、すごく良かったんだもの」
「え?……あはは、そうなの?」

 オレは女の一言に溜飲を下げる思いがした。

「心配しなくても誰にも言わないわよ。でもひとつだけお願いがあるの」
「お願い……って?」
「月に一度でいいから、またこうして忍んで来てくださる?」
「ええっ……!?」
「いいえ、無理にとは言わないわ。あなたにその気があればってことで。もちろんこの事はふたりだけの秘密にしておくから」
「うん、分かった……」

 オレはさほど斟酌をすることもなく、女の要求を飲んだ。
 女に対し罪意識もあったから、今は従順になることがベターだと考えたからだ。
 いや、本音は、今後も今夜のような良い目をしたいというスケベ心が働いたのかも知れない。

 事情が分かれば長居は無用とばかり、オレは服を着て早々に立ち去る事にした。
 玄関ドアを開けて外に出ると、幸いにも廊下には人影はなかった。
 オレはまるでこそ泥のように自分の家へと戻っていった。


第7話

 オレは妻を起こさないように足音を忍ばせて家に入っていった。
 幸い妻はぐっすりと深い眠りに就いていた。
 オレはそっと妻の横に滑り込んだ。

 寝床に就いたオレの頭の中を先程のことが駆け巡る。
 眠ろうとしてもなかなか寝つけない。
 まるでキツネに抓まれたような話だが、まぎれも無い事実だ。
 同じマンションで上下階の鍵が一致するなんてあり得ない事だ。
 いや、あってはいけないことだ。
 どのようないきさつからこんな事になってしまったのだろうか。
 やはりマンションの管理人に事情を話してシリンダごと取替えさせるべきではないだろうか。
 しかしそうなると妻に先程の事件を勘ぐられる惧れがある。
 ここは何も無かったように過ごすのが無難かも知れない。

 あれこれと考え込み、その夜はついに明け方まで眠ることができなかった。

◇◇◇◇◇

「昨夜かなり遅かったわね」

(ギクッ)

 妻からそんな言葉が飛び出した時、オレは飲みかけのコーヒーをこぼしそうになった。

「うん、送別会の後、数軒ハシゴしてしまってねえ」
「付き合いも大変ねえ」
「うん・・・あぁ、飲み過ぎて……頭が痛い……」
「あ、だいじょうぶ?何か薬飲む?」

 オレは妻から手渡された錠剤が何なのか聞きもしないで口に放り込み、水を1杯グイと飲んだ後、そそくさと家を出て行った。

 エレベーターに乗り1階へのボタンを押した。
 もしかしたら昨夜の女と乗合わすのではないか、などと思ったが女の姿は無かった。
 エレベーターが1階に着きエントランスホールから外へ出ようとした時、女の声が聞こえてきた。

「おはようございます」
「?」

 オレは声がする方向に目を向けた。
 そこに立っていたのはポリ袋を手にした見知らぬ女だった。
 おそらくゴミ集積場にゴミを捨てに来たのだろう。
 暗がりだったためはっきりと覚えていないが、もしかしたら昨夜の女かも知れない。
 いや、おそらくそうだろう。
 女はオレの顔を覚えているようだ。
 オレは心の動揺を隠しきれなかったが、あえて自然な表情をつくろいながら挨拶をした。

「おはようございます……」

 女は微笑を浮かべている。
 歳は30歳手前ぐらいだろうか。よく見ると目鼻立ちの整ったかなりの美女だ。
 オレがその場から立ち去ろうとした時、女は再び声をかけて来た。

「行ってらっしゃい……」
「い、行ってきます……」

 オレはギクリとしたが軽く会釈を返し、足早に駅へと向かっていった。


















inserted by FC2 system